人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

一流になれなかった元アスリートのブログ。憧れの存在であるトップアスリートの「思考・行動パターン」を真似したくて日々奮闘中。

【野上恵子】32歳の遅咲きランナー、アジア大会で銀メダルを獲得!

f:id:skipp-beat:20180826213957j:plain

※ 写真は「Yahoo!ニュース」より

現在、ジャカルタで行われている「アジア大会」の女子マラソンで、野上恵子選手(十八銀行)が銀メダルを獲得!

陸上の名門・須磨学園出身だが、3年間で高校駅伝は一度も走れず。それでも自分の力を信じて実業団に進み、このたび32歳で人生初の日本代表に!と、ここに至るまでのバックグラウンドを知るだけで、もう応援したくてたまらない。

レースは優勝したチェリモ選手(バーレーン)がトップを独走。第2集団は野上選手、韓国、北朝鮮の3人。上位4人でメダルは3つ。韓国と北朝鮮の選手は一切前に出ず、コバンザメ走法に徹している。

「これは最後の最後で抜かされる(4位になる)パターンか・・・」と切ない場面を予想した陸上ファンもいただろうが、40キロ以降を全出場選手中、最速タイムで駆け抜ける見事な走りで、爽やかに裏切ってみせた。

このレースの解説者・高橋尚子さんの言葉で、個人的に最も印象に残ったのは、「野上さんは32歳だけど、マラソンを始めたのは29歳。だから肉体の消耗はまだ大学生くらいでフレッシュなんです」。中学・高校とずっとケガに泣かされ、走り込めなかったことで、早い時期から足を酷使せずに済んだ。人生は何が幸いするかわからない。

「自分にとってはつらかった経験が、時間が経ち環境が変わったことで大きな財産になっていたのだから人生はわからない」(『決めて断つ』/黒田博樹


40キロの給水ポイントで園田隼選手(黒崎播磨)から”力水”を受け取り、サングラスを外した野上選手は、残りの2.195キロを、力強いピッチ&充実感に満ちた清々しい表情で走り切った。

ゴール後もシドニー五輪高橋尚子さん並みに、全く息の乱れはなし。真冬の箱根駅伝では、大学生がみんなバタバタと倒れているのに、酷暑のフルマラソンを走り終えてケロッとしている。なんてタフな女性なんだろう!

バンクーバー五輪の女子フィギュアスケート浅田真央さんが銀メダルを獲ったとき、解説の太田由希奈さんが「銀盤の女王は銀メダル」と言っていた。それなら十八銀行に務めている野上選手は、「銀行員ランナーは銀メダル」。まあ金メダルのチェリモ選手は、ケニアからの帰化ランナーでアフリカ人のようなものだから、実質的には「アジアNo.1」と言ってもいいだろう。

ついさきほど、女子マラソンの表彰式が行われていたのだが、野上選手は重圧から解き放たれた様子で、笑顔笑顔笑顔だった。全力を尽くして頑張った人の顔は、本当に美しい。これから応援したいランナーが、また一人増えた。

 

野上恵子選手から学んだこと

人生は何が幸いするかわからない。つらい経験も、時間が経てば大きな財産になる。