人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

一流になれなかった元アスリートのブログ。憧れの存在であるトップアスリートの「思考・行動パターン」を真似したくて日々奮闘中。

【木村昇吾】元広島・西武で活躍したプロ野球選手が、クリケットに転向!

f:id:skipp-beat:20180710224054j:plain

※ 写真は「cocokara-next.com」より

7月7日(土)にオンエアされたTBS『バース・デイ』で、元プロ野球選手の木村昇吾さんの近況が特集されていた。昨オフに西武を戦力外となり、どうしているのかと思ったら、なんとクリケット選手に転身していたのだ!

個人的に、「クリケット」という競技名は聞いたことがあったが、ルールはよくわかっていなかった。試合の映像も、恥ずかしながら『バース・デイ』で初めて見たのだけど、「ピッチャーが投げてバッターが打つ」という点は野球と同じ。もちろん、細かいルールは”似て非なるもの”だが、木村選手がこれまでのプロ野球人生で培ってきた能力や、得意なことを活かせるセカンドキャリアであることは間違いない。
 

自分がこれまで築いてきた「土台」を活用して
仕事をするということです。
「働き方を変える」とは、これまでとはまったく別の能力を
身につけて別の仕事に就くということではありません。
(『人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点』/木暮太一)


木村選手のこれまでのキャリアを振り返ると、広島カープがリーグ優勝を果たす前年にFA宣言。移籍した西武では、右膝前十字靱帯断裂の大怪我を負って育成選手に降格するなど、どこか歯車が噛み合わないアンラッキーな印象があった。

あのままカープに残っていれば優勝も経験できたし、今頃は指導者としてチームに残れたんじゃないか・・・などと、まあ外から見ている人は好き放題いろんなことを言えるのである。

どうしたらいいか一生懸命考えて決めたなら、
それはそれで正しいんだと思う。
外から見てる人はいろんなことを言えるけど、
考えて決めた人が一番偉いんだから。
(『終末のフール』/伊坂幸太郎


6月30日(土)に放送されたNHK総合『SONGSスペシャル』で、宇多田ヒカルさんが「今を今だけで評価できない」という話をしていた。「すごく悲しそうな出来事があったとしても、その出来事のおかげで5年後10年後、今よりもっと幸せになっているかもしれない」

自身の幼少時の特殊な家庭環境(=両親が離婚と結婚を6回も繰り返す)や、母親を突然亡くした喪失感を歌詞に昇華させて、結果的に多くの名曲を生み出してきた宇多田さんの言葉だから、とても説得力がある。

木村選手も本音を言えば、プロ野球選手としてもっと長くプレーしたかったはず。でもそれが叶わなくなった今を、今だけでは評価できない。クリケットの世界最高峰のインドリーグには、年俸20億円超を稼ぐスター選手もいる。これからの頑張り次第では、NPB時代の何倍もの報酬を手にしたり、今よりもっと笑って幸せになれる可能性だってあるのだ。

生きているかぎり、人生のストーリーは何度でも「上書き保存」ができる。
プロ野球からクリケットへの転向は史上初。この競技の普及のために、広告塔になる覚悟も持っているそうだ。1980年生まれ、現在38歳の松坂世代。「塗り絵」をするのではなく、白紙のキャンバスに自らデッサンをする男のチャレンジ、みんなで応援しようじゃないか!
 

木村昇吾選手から学んだこと。

今を今だけで評価できない。人生は何度でも「上書き保存」ができる。