人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

一流になれなかった元アスリートのブログ。憧れの存在であるトップアスリートの「思考・行動パターン」を真似したくて日々奮闘中。

【大谷龍太】祝・大谷翔平選手のお兄さん、人生初の全国大会出場決定!

f:id:skipp-beat:20180608105611j:plain

※ 写真は「毎日新聞」より

大谷兄が歓喜の涙、弟と違い「全国とは無縁だった」(6/6 日刊スポーツ)

都市対抗野球2次予選東北大会:トヨタ自動車東日本4-2日本製紙石巻>◇6日◇第1代表決定戦◇岩手県営野球場
 エンゼルス大谷翔平(23)の兄、トヨタ自動車東日本(岩手・金ケ崎町)の大谷龍太コーチ兼任外野手(30)が、初の東京ドーム出場を決めた。「僕は今まで全国とは無縁だった。7年間の思いが出てきて…」と試合終了後は、歓喜の涙を流した。
 大谷は1番左翼で先発出場し4打数無安打に終わったが、3回には送りバントを決め、2点目につなげた。昨年の代表チームを接戦で振り切り、予選から無傷の第1代表として、創部7年目で初の都市対抗出場を決めた。
 大谷龍太は前沢高(岩手)を卒業後、独立リーグの四国IL・高知などでもプレー。187センチの大型外野手で、トヨタ自動車東日本では創部時からコーチ兼任の「二刀流」で携わる。家族は夫人と1男。


「世界の二刀流」こと、大谷翔平選手(エンゼルス)の7歳上の兄・龍太選手が所属するトヨタ自動車東日本が、このたび初の都市対抗野球出場を決めた。龍太選手は7年前の創部当初からコーチ兼任でチームを支え、選手としては1番レフトでリードオフマンの役割を果たしている。

小学校5年生から野球を始めて、現在30歳。これが人生初の全国の舞台だそうだ。「僕は全国大会にほど遠い人生だったので、やっと出られる」。弟があまりにも凄すぎるだけに、比べられて嫌な思いをすることもあっただろうに、この歳まで好きな野球を続けて、ようやく辿り着いた東京ドーム。これまでの生き様に「いいね!」を押さずにはいられない。

最初から何の苦労もなく、
いきなりヒーローになった人とはわけがちがう。
一人前の人間になるために時間はかかるが、
そこには修行があり、過去の自分に対しての
反省や否定があって、自己否定の果てに悟りに至る。
つまり自己形成をしっかりこなした人間の姿、道筋が見える。
(『人の心をギュッとつかむ好感度UPの法則』/齋藤孝

 

まさに、齋藤孝さんがおっしゃっていることを、そのまま体現しているかのような人生である。「投手と野手」の二刀流もすごいことだが、「仕事と野球」「コーチと選手」の二刀流だって、本当に限られた人にしかできないことなのだ!

以前、スピードスケートの高木菜那・美帆姉妹の父・愛徳さんが、「同じ競技をしていると、どうしても上手な子の方をひいきしがちになりますが、姉妹で同じ夢・目標に向かって進んでいる限り、親として分け隔てることなく応援していきたい」と語っていたけれど、きっと大谷兄弟の父・徹さんも同じような考えの持ち主なのだと思う。

この日、龍太選手が出場したのは「都市対抗野球東北大会第1代表決定戦」。弟が活躍するメジャーリーグとはレベルも華やかさも全然違うけど、徹さんはバックネット裏に駆けつけて、長男に声援を送っていた。「どうしても比べられるつらさがある。嫌かもしれないけど、プラスに変えてやりなさいと伝えている」

兄弟がそれぞれの舞台で、それぞれの目標に向かって進んでいるかぎり、親としては分け隔てなく応援したいという思いが伝わってくる。

大谷翔平選手の兄」でなかったら、スポーツ新聞の記事になるようなことはなかっただろう。でも、日本全国には自分よりも才能を持った弟や妹と比べられて、辛い思いをしている人もたくさんいるし、そんな”長男長女”にとっては励みになるはず。自分の身の丈で、自分のレベルに合った夢に向かって精一杯頑張ることがいかに素晴らしく、尊いか。龍太選手の30年間の生き様が、そのことを教えてくれている!

 

大谷龍太選手から学んだこと

夢が叶うまでに時間がかかる人=自己形成をしっかりこなした人間。