人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

一流になれなかった元アスリートのブログ。憧れの存在であるトップアスリートの「思考・行動パターン」を真似したくて日々奮闘中。

【伊藤有希】ライバルの快挙を、笑顔で祝福した人間性に金メダルを!

f:id:skipp-beat:20180217100614j:plain

(※ 写真は「AFPBB News」より)

葛西「伊藤有希は選手35人中最悪の風当たり」(2/13 読売新聞より)

 平昌五輪ノルディックスキー・ジャンプ代表の葛西紀明土屋ホーム)は13日、ブログを更新。
 同日行われたジャンプ・ノーマルヒルで9位で敗退した伊藤有希(同)について「1度も運が巡ってこなかった。選手35人中最悪の風当たり」と残念がった。
 伊藤の応援に行ったという葛西はブログで「信じられない」「こんな事ってあるのでしょうか」と悔やみつつ、「いや、オリンピックだからあるのでしょうね」「いつかメダルが取れる! そういう運が巡って来ると有希に伝えました」と伊藤をねぎらったことを明かした。


平昌五輪女子スキージャンプで9位に入った伊藤有希選手(土屋ホーム)。彼女の試合後の立ち居振る舞いを見ていて、「人間は勝負に負けたときに、どういう行動をとるかによって価値が決まる」という言葉が浮かんできた。

屋外で行われるスキージャンプは、風に影響される競技である。ある意味、自然が相手で、こればかりは努力ではどうすることもできない。

昨季は初優勝を含むワールドカップ5勝で総合2位。十分な実力を兼ね備えて臨んだ4年に一度の大舞台。スピードスケートの小平奈緒選手&高木美帆選手のように、高梨沙羅選手と”ダブル表彰台”の可能性も大いにあったのだ。

それなのに、応援に行ったレジェンド葛西紀明選手いわく、「選手35人中最悪の風当たり」。2本とも追い風という不利な条件下でのジャンプを強いられた。それでも1ケタ順位をとったのは本当にすごいと思うのだけど、本人の無念さは察するに余りある。

でも試合後のインタビューでは、恨み言ひとつ言わず、「沙羅ちゃんが苦しんで4年間過ごしてきたのを見てきたので、メダルを獲れて良かったと思います」。銅メダルが決まった瞬間も、真っ先に駆け寄って祝福し、笑顔で「おめでとう!よかったねー」と言っていた。もし自分が伊藤選手の立場だったら、同じことができるだろうか?(たぶんできない)

スポーツは勝者にしかスポットライトが当たらない。舞台がオリンピックだと、「勝者=メダリスト」と考えてもいいかもしれない。でも、”影の部分”で精一杯頑張った選手のことを、見ている人は絶対に見ているのだ。

この日、試合後に「伊藤有希」でツイッターを検索すると、「インタビューが立派だった」「人間性が素晴らしい」という意見がたくさん書かれていた。自分もそういう内容を呟いたら、「いいね!」がいくつかついた。

人生は生きるに値しないほど厳しいところもある。それは確かだ。
でも一方では、まんざら悪いというわけでもない。
若いうちは無理かもしれないが、
長く生きていくうちに少しずつそういうことがわかるようになる。
人生の帳尻はどこかで合うものなんだよ。
(『ストロベリー・フィールズ』/小池真理子

 

解説の原田雅彦さんが「伊藤有希もメダルを狙える選手なんです・・・」と涙声で話していたけれど、伊藤選手の無念さを共感し、人柄や人間性に惹かれてファンになった人はたくさんいると思う。人生の帳尻はどこかで合うもの。まだ23歳。これから北京五輪に向けての4年間は、今まで以上に応援したいという気持ちになった。

 

伊藤有希選手から学んだこと

人間は勝負に負けたときに、どういう行動をとるかによって価値が決まる。