人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

一流になれなかった元アスリートのブログ。憧れの存在であるトップアスリートの「思考・行動パターン」を真似したくて日々奮闘中。

【鍬原拓也、菅野剛士】プロ野球の世界に飛び込む、人一倍ハングリーな選手たち

f:id:skipp-beat:20171123113120j:plain

巨人16選手が施設見学 鍬原「すごい球団にいく」(11/21 日刊スポーツより)

 巨人からドラフトで指名された16選手(育成含む)が21日、川崎市内のジャイアンツ球場とジャイアンツ寮を見学した。寮ではトレーニング室などを見学し、昼食をとった。その後、ジャイアンツ球場ではロッカー室や室内練習場を訪れた。
 ドラフト1位で指名された中大・鍬原拓也投手(21)は「一日中、野球ができる環境にあると感じました。ブルペンが6つも並んだのを見たのも初めて。寮の地下にはプールもあって、いろんなトレーニングができる。しっかり体を鍛えられる場所だなと思いました。あらためて、すごい球団にいくと感じています。人気のあるチームですし、周りからもいろいろ見られる。言動、行動も見直さないとと思いました」と話した。 

 
今年のドラフト会議で指名された選手たちの仮契約のニュースが、続々と届いている。各球団の帽子をかぶり、初々しくポーズをとっている姿を見ると、「どうか怪我をしないで頑張ってほしい」と思わずにはいられない。

その中でも、巨人のドラフト1位・鍬原(くわはら)拓也選手(中央大)がジャイアンツ寮を見学した際に発した、「(部屋は)どこでも同じ。自分が出世すれば、そこが”出世部屋”になるので。そういう選手になりたい」というコメントは、プロの世界で成功したいという決意が伝わってきていいなぁと思った。

彼の生い立ちはドラフト当日のTBS特番でも紹介されていたけれど、幼少時に両親が離婚。その後は、奈良県内の家賃4000円の市営住宅で生活してきたそうだ。女手一つで育ててくれた母親に「家や車を買ってあげたい」。”親孝行”をモチベーションにしている選手は、チームの垣根を超えて応援したくなる。

f:id:skipp-beat:20171123113401j:plain

(※写真は「茨城新聞」より。久しぶりに諸積兼司さんの姿を見た!)

ロッテ ドラ4菅野「毎日毎日が勝負」 指名漏れ経験した苦労人(11/21 スポーツニッポンより)

 ロッテは21日、ドラフト4位指名の菅野剛士外野手(日立製作所)と茨城県日立市内で入団交渉に臨み、契約金5000万円、年俸1150万円(金額は推定)で合意した。
 1メートル71と小柄ながら、広角に長打を打ち分ける中距離打者。明大時代には六大学の最多二塁打記録も樹立した。「セールスポイントは外野の間を鋭いライナーで抜く勝負強い打撃。毎日毎日が勝負だと思うので、持っている力を出したい」と意気込みを語った。
 明大時代にはプロ志望届を提出したが指名漏れも経験。社会人で力をつけ、ようやくプロの世界にたどり着いた。「試合に出て結果を出さないといけないので、キャンプで首脳陣にアピールしたい。外野の一角に食い込んでいけるように」と狙いを定めた。


そして、パ・リーグにもハングリー精神を持って入団してきた選手がいる。ロッテのドラフト4位・菅野(すがの)剛士選手(日立製作所)。明大4年時にもプロ志望届を提出したが、同期の高山俊選手(阪神)・坂本誠志郎選手(阪神)・上原健太選手(日本ハム)が次々に名前を呼ばれる中で、一人だけ指名されないという屈辱を味わった。

明大の善波監督に「見返してやろう」と言われて、うつむきながら会場を後にした日から2年。ようやく彼らと同じ舞台へ。高山選手がツイッター「明治の同級生の菅野が社会人を経てロッテに!!本当におめでとう!!!最近の出来事で一番嬉しい!!!」と呟いていたけれど、自分も全く同じ気持ちだ。

ロッテは2005年に日本一になったが、そのときに清水直行さんとともに”3本柱”として活躍した渡辺俊介さんと小林宏之さんは、いずれもドラフト4位。最近だと、清田育宏選手や益田直也選手もそうだ。ロッテのドラフト4位は活躍するー。このジンクスがどうか来年も続きますように!

鍬原選手は野球に集中するために、ツイッターなどのSNSをすべて辞めたとのこと。また、東海大相模出身&名字が「すがの」の菅野選手は、巨人のエース・菅野智之選手と「血縁関係があるのでは?」と何度も間違えられてきたそうだ。成功には不可欠な「ストイックさ」を持っている苦労人の二人。これからも末永く応援したい。

原拓也選手&菅野剛士選手から学んだこと

成功には「ストイックさ」が不可欠。