人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

一流になれなかった元アスリートのブログ。憧れの存在であるトップアスリートの「思考・行動パターン」を真似したくて日々奮闘中。

【細山田武史】社会人で日本一になった元プロ野球選手

f:id:skipp-beat:20171119143226j:plain

(※ 写真は「毎日新聞デジタル」より。右が細山田選手)

元プロの意地!トヨタ自動車・細山田 俺も日本一 3度盗塁刺しV呼んだ(11/13 スポーツニッポンより)

スポニチ後援第43回社会人野球日本選手権最終日・決勝 トヨタ自動車3―1日本生命(2017年11月12日 京セラドーム)
 トヨタ自動車日本生命との決勝を3―1で制し、3大会ぶり5度目の優勝を果たした。元ソフトバンク細山田武史捕手(31)が序盤3度の盗塁阻止で流れを呼び、6回に河合完治内野手(25)が決勝打を放った。MVPには多木裕史外野手(27)が選出された。
 最後の打者を遊ゴロに仕留めると佐竹と抱き合い、喜びを爆発させた。昨年の都市対抗制覇に続く2大大会の頂点。トヨタ自動車の投手陣を引っ張ったのはプロの荒波にもまれた細山田だった。
 「社会人野球を経験して本当に勉強になった。新しい自分も発見できたし、より成長できたと思う」プロ時代はあまり評価されなかった肩で流れを引き寄せた。3回に二盗を2度阻止し、4回にも無死で出塁したDeNA2位指名の神里の二盗を刺した。DeNAの前身の横浜でプレーしていた09年に盗塁阻止率・173でリーグ最下位、11年も・188だった男が日本生命の足攻を完璧に防ぎきった。 


2017年の日本シリーズは、「ソフトバンク vs DeNA」という組み合わせになった。かつて、この両チームに在籍していた細山田武史選手が、15年11月に加入したトヨタ自動車の捕手として「日本選手権」で優勝!昨年の「都市対抗野球」に続いて、社会人二大大会で“日本一ダブル制覇”を達成した。

そんな細山田選手のこれまでのキャリアを振り返ってみると、とにかく苦労の多い人生だったことがわかる。

① 大学4年の夏、世界大学野球選手権の日本代表として、チェコへ遠征中に父親が死去
② 12年オフ、減額制限を大幅に越える1100万円ダウン(65%減)の600万円で更改
③ 13年オフ、戦力外通告を受け、トライアウトに専念するため予定していた結婚式を延期
④ 14年オフ、結婚式の当日に母親が式場で倒れ、4日後にクモ膜下出血で死亡 
⑤ 15年オフ、2度目の戦力外通告を受ける


②で契約更改を行ったときの「これから食事は吉野家松屋にする」という発言は、今でも記憶に残っている。31歳ですでに両親を亡くし、結婚式での晴れ姿を見せることもできなかった。なんて波乱万丈な人生なんだろう。心から「幸せになってほしい」と思わずにはいられない。

TBSの『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男達~』や『バース・デイ』で何度か去就を特集されていたので、プロ野球をクビになってからどうしているのかとずっと気になっていた。だから今回の報道で、社会人の安定した生活を得て、好きな野球を続けていることがわかって本当に嬉しく思う。捨てる神あれば拾う神あり。やっぱり一生懸命やっている人は、どこかで誰かが見ているのだ。

将来は、野球の指導者になりたいとのこと。2度の戦力外通告、トライアウト受験、育成契約など、挫折をたくさん経験したプロ野球生活は、指導者になったとき「最強の武器」になる。

人生はプラスマイナスゼロ。もしこれが事実なら、きっと細山田選手にはこれからたくさんプラスの時間が訪れるだろう。体が動くうちは、まだまだ現役で頑張ってほしい!

細山田武史選手から学んだこと

捨てる神あれば拾う神あり。見ている人はちゃんと見てくれている。