人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【田中英祐】ロッテを戦力外になった京大卒の右腕に、転職オファーが殺到

f:id:skipp-beat:20171022154453j:plain

田中英争奪戦!戦力外でも京大卒はスゴい ロッテ球団、ロッテ本社に阪神球団まで(10/19 デイリースポーツより)

 ロッテから戦力外通告を受けた“京大クン”こと田中英祐投手(25)に球界内外から転職オファーが殺到していることが18日、分かった。球団幹部が「いろんな話が来ている」と語ったものだが田中英本人は11月15日にマツダスタジアムで行われるトライアウト受験をにらんでいる。
 京都大学工学部卒の肩書はやはり、ダテではなかった。ロッテはすでに将来の球団幹部候補生としての“残留”を打診している。ある球団幹部は「営業などの経験を積んで幹部の道を歩んでほしい」と熱望している。その先には球団経営も視野に入る。
 だが、これに“待った”をかけたのがロッテ本社だ。「ぜひ来てほしい」との打診が届いているという。伊東前監督は「今後どんな道に進むのか。プロでの経験はムダにはならない」と話していたが、同幹部は3年前に入社を辞退した三井物産に関しても「改めてどうだということになるかもしれない」と推察する。さらに阪神フロント関係者からも、兵庫県出身である田中英の動向を探る連絡が入っているという。 


プロ野球戦力外通告を受けずに、自分の意志で引退できるのはほんの一握りしかいない。大半の選手は早かれ遅かれ、野球を続けたくても続けられない現実に直面し、セカンドキャリアで苦労するわけだが、クビになった途端にオファーが殺到するという珍しいパターンもあるようだ。

京都大学に入る」「プロ野球選手になる」。どちらか1つだけでも叶えることは難しいのに、田中英祐選手はその両方を実現した、まさに”文武両道”の体現者である。新卒ではなくなってしまったが、こんなにもハイスペックな25歳なんて他にいないし、欲しがる企業がたくさんあるのも納得できる。

田中選手は入団当時から”京大クン”と呼ばれているように、どうしても「頭脳」ばかりがフューチャーされてしまうけど、きっと「人柄」も良いんだと思う。どんなに勉強ができたとしても、傲慢な性格だったり、一般常識がなかったりすれば、周囲の心はだんだん離れていくもの。これだけ引く手あまたになるということは、やっぱり人間性が素晴らしいのだ。

内定をもらっていた三井物産で「高学歴を生かした人生」を謳歌することもできたのに、学歴がまったく有利にならない「実力主義の世界」に丸腰で飛び込んで3年。”転職”のオファーが殺到する中、”野球”のオファーをもらうべく、11月15日のトライアウトに向けてひたむきにトレーニングを続ける。この心意気がたまらない!

言うまでもないことだが、京都大学は日本の”学歴ピラミッド”の頂点に位置している。普通に生きていたらあまり味わうこともなかった(であろう)下積み生活を、人生の早い段階で経験できたのは、きっと「無駄にはならない」(By.伊東勤監督)。

仮にあと数年間、現役を続けたとしても、第二の人生が引っ張りだこになる状況は変わらないはず。サラリーマンはいつでもできる。だったら今は、納得いくまで野球をやり切ってほしい。

田中英祐選手から学んだこと

選択肢がたくさんあるなら、今の自分がいちばんやりたいことをするべき。