人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【松本薫、長谷川滋利】書道で表彰された柔道家、ゴルフの「全米アマ」に出場する元大リーガー

f:id:skipp-beat:20170727185003j:plain

松本 書道展表彰式に出席、出産後初の公の場 既に稽古再開(7/24 スポーツニッポンより)

 柔道女子57キロ級の松本薫(29=ベネシード)が、東京都内で行われた毎日書道展の表彰式に出席した。今月13日に第1子となる長女の出産を発表した松本が公の場に姿を現すのは、昨年11月の結婚発表会見以来、約8カ月ぶり。
 書道展では大字書部に「歩」と書いた作品を初出展して佳作賞を受賞。類いまれな才能を発揮し「柔道以外で賞を獲ったことがなかったのでびっくりしてます」と喜びを語った。「自分の子は泣いていても可愛い」と目尻を下げたが、産後1カ月でトレーニングを再開。「畳の上では“野獣”でいないと勝てない」と畳上の稽古も週1、2回のペースで行っている。「書道も柔道も“道”なので極めないと。柔道は東京五輪で金メダル、書道は(佳作賞より上の)毎日賞を目指したい」と意気込んだ。


世の中には、「何をやってもできる人」がいる。本業で実力があるのはもちろんのこと、副業や趣味でも人並み以上の結果を残す。才能もあって、力の入れどころや抜きどころ、正しい努力のやり方を知っている。いわゆる”センスがいい”人。

例えば、柔道家松本薫選手(ベネシード)と元メジャーリーガーの長谷川滋利さんなんて、まさにその典型かもしれない。

松本薫選手の、この一年間の歩みを振り返ってみる>

① 昨年8月、リオ五輪女子柔道57キロ級で銅メダルを獲得
② 10月の「金沢マラソン」に出場し、3時間59分21秒で完走
③ 11月に大学時代から8年間交際していた、料理人の男性と結婚
④ 今年2月から書道を習い始める
⑤ 7月13日に長女を出産
⑥ 7月23日に「毎日書道展」の表彰式に出席(佳作賞を受賞)←今ココ!

本業の柔道で銅メダルを取り、ゲストランナー(いわば副業)のフルマラソンは、初挑戦でいきなり「サブ4」を達成。結婚→出産という女性としての幸せも掴み、このたび2月から習い始めた書道で「毎日書道展」の佳作賞を受賞した。なんてハイスペックなんだろう!

f:id:skipp-beat:20170727204700j:plain

ちなみに、これが受賞作の「歩」という文字。達筆すぎて読めない!審査員の方には、字の”スピードと勢い”が高く評価されたそうだ。「書は体を表す」という言葉があるけれど、なんとなく松本選手の柔道スタイルと相通じるものがあるような気がする。

f:id:skipp-beat:20170727204747j:plain

長谷川滋利氏、全米アマ切符獲得!元大リーガーがゴルフで快挙(7/26 サンケイスポーツより)

 ゴルフ・全米アマチュア選手権・予選会(24日、米カリフォルニア州ミッションビエホCC=6924ヤード、パー71)プロ野球オリックスや米大リーグで投手として活躍した長谷川滋利氏(48)が24日、ゴルフの「全米アマチュア選手権」の予選会を突破し、本大会(8月14~20日、米カリフォルニア州リビエラCCほか)への出場権を獲得した。
 米国に拠点を置く長谷川氏は、これまでオリックスのシニアアドバイザーを務めつつ、ゴルフの腕前も磨き続けていた。本戦で優勝を果たせば来年のメジャー「マスターズ」(4月5~8日)などに出場できる。 


メジャーリーグで9年間活躍し、現在はオリックスのシニアアドバイザーを務めている長谷川滋利さんが、ゴルフの「全米アマチュア選手権」の予選会を突破!プロ野球選手でゴルフをやっている人はたくさんいるけど、世界中のトップアマが集まる大会に出場できるなんて、これは物凄いことだ。

2015年からロサンゼルス地区のアマツアー参戦して、今季は7戦4勝。これだけのゴルフの腕前に加えて、英語もペラペラ。著書もたくさん出版していて、投資家・実業家としての顔も持っている。なんてマルチな才能の持ち主なんだ!

思い起こせば、現役時代から「知的でクレバー」な雰囲気を醸し出していたように思う。明らかに「スポーツバカ」というかんじではなかった。だからきっとゴルフも、”感覚”ではなく、”理詰め”で考えてやっているのだろう。現在48歳。あと2年たてばシニアツアーに参加できるし、これからますます活躍しそうな予感がする。

三流は趣味がない。二流は趣味を遊びだと捉えている。
一流は仕事と同じぐらい、趣味を極めようとする。
(一流役員が実践している仕事の哲学/安田正)


仕事以外の楽しみ(趣味)は、自分で探すしかない。なかなか見つからないかもしれないし、見つかったとしても、二人のように「周囲の人から一目置かれるようなレベル」にはならないかもしれない。でも、充実した人生(=花がたくさん咲いた花壇)にするために、色々なことに興味を持って、チャレンジして、種を蒔いておくことが大事だと思う。

 

松本薫選手&長谷川滋利さんから学んだこと

一流の人は仕事と同じくらい、趣味を極めようとする。