人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【海堀あゆみ】元なでしこの守護神が、フィールドプレイヤーとして現役復帰!

f:id:skipp-beat:20170620210240j:plain

元日本代表GK海堀が現役復帰 熊本ルネサンスでは得点王目指す(5/5 デイリースポーツより)

 サッカー女子日本代表なでしこジャパン」の元GKで九州女子リーグの熊本ルネサンスに加入した海堀あゆみ(30)が4日、熊本県嘉島町内でチームの練習に初参加した。フィールドプレーヤーとコーチの兼任で、早ければ7日の同リーグ秀岳館高戦(同町総合運動公園)でデビューする予定。「(GKとして)散々やられたので、点を取りたい」と守護神から得点王への転身に意欲を示した。
 海堀は2011年の女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で正GKとして優勝に貢献するなど、国際Aマッチに53試合出場。昨年1月に引退し、昨秋慶大に入学したばかりだった。
 それが地震で練習場もスポンサーも失い、存続危機に陥ったチームを再建させようとする、かつて所属したINAC神戸でゼネラルマネジャー(GM)を務め、現在は熊本ルネサンスGMの山下恭典氏の熱意に「熊本にはINAC時代に試合でよく来ていたので親しみがあった。女子サッカー界にも恩返ししたかった」と現役復帰を決断した。
 慶大に通いながら週末に熊本入りし、なでしこチャレンジリーグ昇格を目指す。「新たなチャレンジがしたい」と、本職のGKではなく高校2年まで務めたフィールドプレーヤーにこだわる。ポジションは未定だが「ピッチの最後方から見てきたことを伝えたい」と経験を惜しまず注入する。


昨年1月に現役引退を表明した元なでしこジャパン海堀あゆみ選手が、九州女子リーグの「熊本ルネサンスFC」で現役復帰!しかも、本職のゴールキーパーではなく、フィールドプレイヤーとして!

海堀選手といえば、真っ先に思い出すのは11年の『女子W杯ドイツ大会』だろう。アメリカとの決勝、PK戦でスーパーセーブを連発。この試合のMVPに輝き、日本の初優勝の立役者となった。特に、相手の一人目を足で止めたシーンは、今思い出しても鳥肌モノである(この瞬間、なんか勝てるような予感がした)。

しかし、今回の復帰にあたって、チームのGMと交わした約束は「GKとしては復帰しない」。GKとしては十分にやり切ったという思いがあり、「未練は全くないし、自分の中でもきっぱり終わっていること」。だから、心機一転、フィールドプレイヤーとしての登録を望んだということだ。

自分は市民ランナーなのだけど、フルマラソンで「サブ3」とか「サブ3.5」といった目標を達成した後、少し”燃え尽き症候群”みたいになってしまったラン仲間が、新たにウルトラマラソンやトレイルランに挑戦したりしている。せっかくある程度のレベルで走れるようになったのだから、辞めてしまうのはもったいない。これまでに培った走力を生かして、また違った方向からランニングと向き合おうというわけである。

このように、「競技への繋がりを完全に断つのではなく、少し関わり方を変えてみる」というのは、すごくいいことだと思う。それなりの実績や経験を持っている人間ならなおさらだ。さきほどのラン仲間は、出場する「種目」を変えたが、海堀さんは「ポジション」を変えることにした。最近、注目度が下降気味の女子サッカー界の”新たな起爆剤”としても素晴らしいチャレンジだし、心から応援したい。

よく考えてみると、GKの嫌がるコースやタイミングというのは、他の誰よりも、海堀選手自身が一番よく知っているはずなのだ。だから、今度はフィールドプレイヤーとして、そのプレーができるようになれば・・・。

サッカーを始めた小学2年から高校2年までは、DFをやっていたらしいので、全くの門外漢というわけでもない。「いつか、”あの人、昔、GKやってたんだって”と、サッカーファンはFWの私しか知らないぐらいになれたら」。守護神からエースストライカーへ。競技人生の第2章に注目したい。

 

海堀あゆみ選手から学んだこと

行き詰ったときや、少し疲れたときは、角度を変えて物事を見てみる。