人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【乾貴士】バルサに冷や汗をかかせた、侍フットボーラー

f:id:skipp-beat:20170527153702j:plain

エイバル乾 2年2カ月ぶり代表復帰 バルサ戦2ゴールの活躍(5/25 デイリースポーツより)

 日本サッカー協会は25日、都内のJFAハウスでキリンチャレンジ杯・シリア戦(6月7日・味スタ)とW杯アジア最終予選イラク戦(同13日・テヘラン)に臨む日本代表メンバー25人を発表した。スペイン1部エイバルFW乾貴士(28)が2年2カ月ぶりに代表復帰した。
 乾の代表復帰はハリルホジッチ監督就任直後の2015年3月以来。ハリルホジッチ監督は「宇佐美との競争だった。ここ最近のパフォーマンスを見れば、(乾の代表入りは)ロジカル。バルサ戦での得点もうれしい」と説明した。21日のリーグ最終節・バルセロナ戦では2得点。日本人選手として初めてバルセロナからゴールを奪った。


5月21日のリーガエスパニョーラ最終節・バルセロナ戦で、2得点を挙げる快挙を成し遂げた乾貴士選手(エイバル)が2年2ヶ月ぶりの代表復帰!日本人で初めてバルサの本拠地「カンプノウ」でゴールを記録した”旬の男”を、ここで呼ばないわけにはいかないだろう。

ブンデスリーガプレミアリーグと比べると、リーガエスパニョーラは、中村俊輔選手(ジュビロ磐田)や清武弘嗣選手(セレッソ大阪)など日本人が苦戦しているイメージがある。

しかし、乾選手は2シーズン目で通算6得点。大久保嘉人選手(FC東京)がマジョルカ時代にマークした”日本選手最多得点”を上回った。エイバルには鳴り物入りで入団したわけではなかったが、現時点では「最もスペインで成功している日本人選手」と言っていい。

f:id:skipp-beat:20170527155305j:plain

中日ドラゴンズ荒木雅博選手が、(これを書いている時点で)2000本安打まであと8本に迫っている。

最近読んだ新聞に、中日時代に同僚だった山崎武司さんのコラムが載っていたのだけど、それによると、荒木選手は入団当時は打撃がぱっとせず、「4・5年で終わっていく選手」「これでドラフト1位か」などと周囲からバカにされていたらしい。そんな選手が、過去47人しかいない大記録を達成しようとしているのだから人生はわからない。

以前、フェンシングの太田雄貴さんが「選手にとって一番つらいのは期待されないこと」と言っていたけど、求められるものが高すぎてもそれはそれで大変だ。逆に元々の期待値が低いと、本人も気楽だし、周囲も「活躍すれば儲けもの」ぐらいにしか思っていない。そして、そういう立場の選手が結果を残すと、評価がうんと高くなるのだ。

Amazonのカスタマーレビューと同じくらい、スポーツの前評判もあてにならないもの。取り巻く環境や本人の努力次第で、あとからいくらでも覆すことができる。乾選手には、「これからスペインにくる日本人選手が簡単に塗り替えられないような通算ゴール数」で、そのことを証明してほしいと思う。個人的には、日本代表戦で香川真司選手(ドルトムント)との元セレッソコンビが見たい!


乾貴士選手から学んだこと

期待値の低い選手が結果を残すと、評価が高くなる。