人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【村元哉中、エフゲニア・メドベージェワ】「人が喜ぶこと」をしてくれるスケーター

f:id:skipp-beat:20170426213209j:plain

真央さんへ…世界中から愛の寄せ書き 「いなかったら今のスケート界はない」(4/22 デイリースポーツ)

フィギュアスケート・国別対抗戦」(22日・代々木第一体育館
 今シーズンのラストを飾る世界国別対抗戦。女子フリーが行われたこの日、試合会場は白熱した戦いとともに、長年世界のフィギュア界をけん引し、先日現役引退を発表した浅田真央さんへの思いに包まれた。日本チームの応援席には「まおちゃんありがとう」と書かれた大きな寄せ書きが掲げられた。
 主将を務めた村元哉中が発案したもの。日本選手全員はもちろん、来日していた各国の選手や、コーチのメッセージも書き込まれていた。試合後の会見で村元は「真央ちゃんがいなかったら、今のフィギュアスケートはない。心から感謝しているので…」と、涙。「だから少しでもスケート界からメッセージを、と思って用意しました」と、明かした。
 最初は日本選手だけの予定だったが「本当にみんなから愛された選手だったので。ほとんどの国のコーチや選手が書いてくれた」と、過去に真央さんのコーチを務めたラファエル・アルトゥニアン氏らも賛同してメッセージをくれたという。この寄せ書きは後日、真央さんに贈られる。


日本の3大会ぶりの優勝で幕を閉じた、『世界フィギュアスケート国別対抗戦 2017』。自分はこの大会の”お祭りムード”が大好きで、今年も楽しく見ていたのだけど、突然涙腺が崩壊したのがこの写真のシーン。

日本選手だけでなく、世界中のスケーターからのメッセージが書き込まれた「まおちゃんありがとう」の寄せ書き。アップになっている画像をじっくり見てみたら、ケビン・レイノルズ選手とジェイソン・ブラウン選手はなんと日本語で書いていた!この”粋なはからい”の発案者は、日本チームのキャプテンを務めた、アイスダンスの村元哉中(かな)選手。もう心の中で「いいね!」を100回押しても足りないぐらいである。

寄せ書きをもらう本人はもちろん嬉しいし、フィギュア仲間も惜別のメッセージを伝えることができて嬉しい。そして、真央ちゃんがこんなにもみんなに愛されていたことがわかって、私たちファンも嬉しい。こういう「三方よし」「Win-Win-Win」の企画を考えられる村元選手は、周りがよく見えていて、気配りができる、本当に素敵な女性だと思う。

自分の試合もあるのに、日本の応援グッズを用意したり(羽生結弦選手が着ていた赤い法被は、村元選手のお母さんの手作りとのこと)、キスクラでも終始盛り上げ役に徹していた。その見事なキャプテンシーに、心から「あっぱれ」を送りたい!

f:id:skipp-beat:20170427210746j:plain

そして、真央ちゃんへの寄せ書きにメッセージを書いてくれた、エフゲニア・メドベデワ選手(ロシア)。エキシビションのあまりのクオリティの高さに、こちらも「あっぱれ」である!

セーラー服で登場して、ジャニーズ並みの早着替えで変身し(衣装が似合いすぎ!)、手を上に上げて3回転をポンポン飛ぶのだから、もう文句のつけようがない。自分は何度も映像を見すぎて、「ムーンライト伝説」が頭から離れなくなってしまった・・・。

メドベデワ選手は、ロシアの自宅にセーラームーンの人形を飾っているくらい、日本のアニメが大好きとのことだが、世界女王がここまでサービス精神を見せてくれたら、喜ばない日本人はいないだろう。

f:id:skipp-beat:20151219205824j:plain

2011年に、歌手のレディー・ガガさんが『徹子の部屋』に出演したとき、黒柳徹子さんの”タマネギ頭”をモチーフにした衣装で登場したことがあった。

世界をまたにかけて活躍するスーパースターが、日本のファンを喜ばせようと、前もって衣装を準備したり、特別なプログラムを考えたり、手間暇をかけてくれる。その気持ちがたまらなく嬉しい!

平昌五輪の女子シングルは、もちろん日本から出場する2選手を応援するけど、メドベージェワ選手が金メダルを獲ったら素直に祝福できそうだ。そして、日本が団体戦に出場できることになったら、ぜひまた村元選手にキャプテンをやってほしいと思う。「人が喜ぶこと」をしてくれた2人のスケーターのおかげで、今年の国別対抗戦は見ていてとても幸せな気分になれた。

 

村元哉中選手&エフゲニア・メドベージェワ選手から学んだこと

「人が喜ぶこと」ができる人間になろう!