読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【平野歩夢】「冬季五輪日本人最年少メダリスト」が日大に入学

f:id:skipp-beat:20170411070704j:plain

平野歩夢、日大入学で決意「自立」で歩む ソチ五輪スノボHP銀(4/9 スポーツニッポンより)

 スノーボードハーフパイプ男子のソチ五輪銀メダリスト、平野歩夢(18)が東京・日本武道館で行われた日大の入学式に出席した。スポーツ科学部の学生として寮に住み、来年の平昌五輪を目指す。これまでも遠征続きの生活で「慣れている」とは言うものの、親元を離れての一人暮らしに「影響されて良いこと、影響されちゃいけないことがあると思う。自分でコントロールしないと」と自立をテーマにした。
 先月のUSオープンで転倒した際に左膝の内側じん帯を損傷し、腹部を強打して肝臓も痛めたという。「まだ触ると痛いが歩くことぐらいまでは回復できている。ゆっくり調整して五輪を目指したい」と当面はリハビリに専念する。


4月に入り、いよいよ新年度がスタート!子役として『マルモのおきて』に出ていた芦田愛菜ちゃんが慶応中学に、『家政婦のミタ』に出ていた本田望結ちゃんが関大中学に入学したと聞いて、「もうそんな歳になったのか!」と驚愕していたのだが、こちらもさらにその思いを強くするようなニュースである。

ソチ五輪男子スノーボードハーフパイプの銀メダリスト・平野歩夢選手が、なんとこの春から大学生に!日本大学スポーツ科学部に入学し、スキー部に所属しながら、平昌五輪を目指すとのこと。

この報道で久しぶりに彼の姿を見たのだけど、ご覧のとおり、黒髪短髪の「凛々しいイケメン」に変身していてビックリ!ソチ五輪のときは、まだあどけなさが残っている「可愛らしい男の子」というかんじだったのに。

スノーボードのプロ選手が大学に進学するとは少し意外な気がしたけど、人生の中で競技ができる時間は限られている。中田英寿さんが、「サッカーしか知らない人間にはなりたくないし、いつも好奇心を持っていたい」と言っていたように、平野選手もスノボ以外にも見聞を広めたいのだろう。

大学は基本的に自由なので、さぼろうと思えばいくらでもさぼれるし、甘えようと思えばいくらでも甘えられる。全てが自分次第。だから、入学したときは無名でも4年間で大化けすることもあるし、逆に鳴り物入りで入っても凡人に成り下がることだってありうる。

前者の代表的な例が、シカゴ・カブス上原浩治選手である。東海大仰星時代は控え投手で、甲子園出場経験なし。1浪を経て入った大阪体育大学で頭角を現し、巨人のエース→メジャーリーガー→ワールドシリーズ胴上げ投手にまで上り詰めた。

「高校時代から有名だったエリートを見ると『負けられない』と思う。僕は浪人も経験したし、野球だけやってきて順調な人間には何か燃える。雑草には雑草の意地があるから」。巨人時代から現在まで、一貫してつけている背番号「19」は、「苦労した浪人時代の年齢を忘れないため」だそうだ。

きっと平野選手にもたくさんの誘惑があると思うのだけど、「影響されて良いこと、影響されちゃいけないことがあると思う。自分で意識し続けてコントロールしないといけない」。この自覚があれば、大きく道を踏み外すようなことはないだろうし、アスリートとして更に成長すること間違いなし。冬季五輪の日本人最年少メダルを獲得してから早3年。来年の平昌五輪での活躍を期待したい。

 

平野歩夢選手から学んだこと

人の子は一瞬で大きくなる。大学生活は全てが自分次第。