読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【野口裕史】「ハンマー投げの元日本王者」が競輪に転向!

f:id:skipp-beat:20170328205206j:plain

2015年の陸上日本選手権、男子ハンマー投げで優勝した野口裕史(ひろし)選手。それまで20連覇を達成していた室伏広治さんが欠場し、「21年ぶりの新王者」として話題になった。

順天堂大学時代にインカレで優勝、日本選手権はそれまで2位が3回、3位が5回と、間違いなくこの種目のトップアスリートなのだが、第一人者の「鉄人」があまりに凄すぎて霞んでしまう。

日本王者になったときの記録は、71.98m。世界陸上の参加標準記録(76m)には遠く及ばなかった。室伏さんのベスト記録は84.86m。このレベルでないと、世界では戦えないという現実。「五輪は遠く先が見えない。そんな私を雇う会社にも申し訳ない。辞める決意ができました」

新たなステージに選んだのは競輪。ハンマー投げの選手と言えば、腕力が強いようなイメージがあるのだけど、野口選手いわく、「ハンマーは足なんです。腰や足の使いかたがいい人が記録が伸びるんです」。たしかにこの写真を見ると、下半身もガッチリしていることがわかる。

競輪の世界では、「太腿のサイズ=選手の強さ」と言われているそうだ。16年間やってきたハンマー投げを辞めるとなると、「自分には何も残らない」と短絡的に考えがちだけど、野口選手には”鍛え上げた肉体”がある。そして競輪は、その武器を十分に生かせる競技だ。

3月23日に行われた日本競輪学校の『卒業記念レース』では、19歳4ヶ月の南潤選手がチャンピオンになった。高校自転車界の名門・和歌山北出身ということだ。野口選手は、ハンマーをハンドルに持ち替えて約1年。今年34歳になる。年齢や経歴で遠回りしても、新しいことにチャレンジする人は素敵だと思う。若い人には負けないで、競輪界の「鉄人」になってほしい!


野口裕史選手から学んだこと

自分の強みを生かせる仕事を見つけよう。