読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【山中毅】五輪で銀4つの「昭和の偉大なスイマー」、どうか安らかに

水泳 訃報

f:id:skipp-beat:20170225121051j:plain

五輪4つの銀「トビウオの再来」山中毅氏が死去(2/15 日刊スポーツ)

 競泳男子自由形で五輪3大会に出場、4つの銀メダルを獲得した山中毅氏が10日午後10時16分、肺炎のため東京都練馬区の病院で死去した。78歳だった。1950年代から60年代に世界記録を次々と塗り替え「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた古橋広之進氏(故人)の再来ともいわれた。
 最初の五輪は56年メルボルン大会で、石川・輪島高3年だった。400メートル、1500メートル自由形、同じ17歳で終生のライバルとなったマレー・ローズ(オーストラリア)に敗れて銀メダルを獲得した。早大入学後に小柳清志監督(故人)との出会いで才能が開花し、国内外の大会で世界新記録を連発。しかし、金メダル候補として臨んだ60年ローマ五輪では400メートルで再びローズに敗れて銀、800メートルリレーでも銀に終わった。
 64年東京五輪は、ピークを過ぎて400メートル6位。五輪3大会で7種目を泳いだが、金メダルを獲得することはできなかった。昨年5月の早大スポーツ功労者表彰式では「銀メダルは4個獲得しましたが、それよりも1個の金メダルがほしかった」とあいさつ。現役の選手たちに、1番になることの重要性を説いていた。


昭和の偉大なスイマー、山中毅さんの訃報が届いた。石川・輪島高3年の時にメルボルン五輪に出場し、400メートルと1500メートル自由形で銀メダル。ローマ五輪は400メートル自由形と800メートルリレーで銀メダル。いずれも「大接戦での敗戦」だったらしい。

金メダリストの北島康介さんは5歳から、萩野公介選手はなんと生後6ヶ月から水泳を始めたそうだが、山中さんは「石川・輪島高1年の時、県内の水泳講習会に飛び入り参加したところ、日本水泳連盟関係者に才能を見いだされ本格的に競技を始めた」とのこと。

高1から水泳を始めて、2年後に五輪のメダリストになるなんて、現代では考えられない話である。しかも種目が「日本人は世界で通用しない」と言われている”自由形”というのがさらに凄い!

個人的に、大学時代に体育会で部活をしていて、監督から「2位・4位・9位は絶対にとってはいけない順位だ」と、耳にタコができるほど言われてきた。なぜなら、それぞれ「優勝を逃す・メダルを逃す・入賞を逃す」ということだからだ。そして残念ながら、これらの順位をとったことが何度もあるのだが、ただただ悔しくて、自分の中ではあまりいい思い出としては残っていない。

山中さんの場合は、舞台がオリンピックで、僅差の2位が4度。「銀メダルは4個獲得しましたが、それよりも1個の金メダルがほしかった」という言葉は、胸を締め付けられるような思いがする。ダントツの大差で負けたのなら、まだ諦めもつくのだろうけど・・・。

メルボルンでもローマでも、壁となって立ちはだかったのは、マレー・ローズさん(オーストラリア)。二人は1939年1月生まれの同級生。山中さんがアメリカの南カリフォルニア大学に留学した際は、時を同じくしてローズさんもそこに留学してくるという奇縁もあった。山中さんいわく、「仲良しだったよ」

ライバルであり、学友でもあったローズさんは、2012年に73歳で亡くなっている。今頃、天国で再会しているだろうか。2020年の東京五輪トビウオジャパンの活躍を、どうか空の上から見守っていてほしい。

 

山中毅さんから学んだこと

「2位・4位・9位」はとってはいけない順位。「1位・メダル・入賞」を目指せ!