読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【藤井瑞希、垣岩令佳】ロンドン五輪銀メダルの「フジカキペア」が再結成!

f:id:skipp-beat:20170213200444j:plain

バド銀「フジカキ」ペア復活、タカマツにも挑戦状 東京五輪目指す(2/12 デイリースポーツより)

 バドミントン女子ダブルスで12年ロンドン五輪銀メダルの「フジカキ」ペアこと藤井瑞希(28)、垣岩令佳(27)が12日、約4年ぶりに再結成することを発表した。2人は12年全日本総合選手権を最後にペアを解消していたが、熊本に拠点を置く再春館製薬所で再出発する。
 藤井は第一線を退き、14年からドイツ、16年は英国でプレーしていたが、昨年4月に故郷・熊本を襲った震災を機に日本への復帰を決意。「被災者に笑顔や元気を届けたくて、また日本でプレーしようと決めた。復帰する以上、日本代表や東京五輪を目指したい」。2020年を目指し、青森山田高時代からの後輩と再びタッグを組む。
 日本代表の後輩であるリオ五輪金メダルの高橋礼華松友美佐紀日本ユニシス)にも胸を借りる覚悟で、「悔しさよりも、すごいと思う気持ちが強い」と藤井。「ドイツや英国は日本よりもレベルが低かったので、今すぐに日本でやれる自信はないが、前の実績を忘れて一から若手に挑戦したい」と裸一貫の覚悟を示した。

 
昨年の大晦日、15年ぶりに再結成したロックバンド「THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)」が紅白歌合戦に出場した。個人的に、90年代にイエモンにすごくハマっていた時期があり、代表曲の『JAM』を思いがけずフルコーラスで聴くことができて、大変感動したのである。

『JAM』が発売されたのは1996年。もう何年もまともに聴いていなかったのに、歌詞を見なくても勝手に口ずさめるくらい覚えている自分に驚いた。「時が経っても色褪せない名曲」というのは、きっとこういう歌のことを言うのだろう。

そして、このとき思ったのだ。「昔好きだったバンドが再結成して、そのパフォーマンスをまた生で見れるというのは、こんなにも感慨深くて、嬉しいものなんだなぁ」と。

このイエモン復活のときに感じた思いを、今度は2人のアスリートから味わわせてもらうことになりそうだ。ロンドン五輪バドミントン女子ダブルス銀メダリストの藤井瑞希選手と垣岩令佳選手、通称「フジカキペア」が約4年ぶりに再結成することを発表したのだ!

二人は12年末にペアを解散したが、ここ数年海外でプレーしていた藤井選手が、昨年4月に故郷・熊本を襲った震災を機に日本への復帰を決意。「被災者に笑顔や元気を届けたくて、また日本でプレーしようと決めた」。

一方の垣岩選手は、”スエマエ”の前田美順選手と「マエカキペア」を組んでいたが、このたび相方が引退し、再結成の運びとなった。イエモンのメンバーが、「集まるべくして集まった。色んなタイミングが揃った」と言っていたけど、フジカキの二人もまさにそんな感じだったのかもしれない。

一人の日本国民としてオリンピックを見るとき、日本人がメダルを獲るのはたまらなく嬉しい。でも、その競技の実力者が、出られなかった大会で仲間の活躍を見せつけられるのは、さぞかし複雑な心境だろうと思う。

タカマツペアが金メダルを獲得したリオ五輪。藤井選手と垣岩選手は、”喜び”と”悔しさ”の入り混じった気持ちで見ていたはずだ。しかも、銀メダルの自分たちを上回る結果を残された。現役選手なら、闘争心に火がつかないわけがない。

バンドマンにしろアスリートにしろ、一度離れてみて、初めてお互いの良さがわかることがある。それはファンも同じ。解散していた時期があったからこそ、またイエモンの歌を聴けることや、フジカキペアのプレーが見られることは本当に嬉しく思う。東京五輪まで、タカマツペアと切磋琢磨しながら頑張ってほしい!


藤井瑞希選手&垣岩令佳選手から学んだこと

一度離れてみて、初めてわかる良さがある。