読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【村田諒太】今年こそ世界へ!金メダリストの挑戦は続く

f:id:skipp-beat:20170107074643j:plain

村田、3回KOで12戦全勝!来春にも世界初挑戦(12/31 サンケイスポーツより)

 プロボクシング(30日、東京・有明コロシアム)プロ12戦目となるノンタイトル戦(契約体重10回戦)に臨んだ2012年ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(30)=帝拳=がブルーノ・サンドバル(25)=メキシコ=に3回2分53秒でKO勝ち。通算成績を12戦全勝(9KO)とした。
 豪快な一撃で、村田が世界前哨戦を楽々とクリアした。3回に相手を追い詰め、前のめりになったところで強烈な右で、KOした。「倒せたことは自信になる。KOで安心した」。WBOミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(27)=英国=と陣営は交渉を続けており、早ければ、来年春にも世界初挑戦が実現する見通しだ。


昨年末に行われた『ボクシングフェス2016』で、村田諒太選手が圧巻のKO劇!これでプロ転向後は12戦全勝。いよいよ”世界チャンピオン”が視界に入ってきた。

以前、著書『101%のプライド』を読んだことがあるのだけど、金メダリストとなった自分が置かれている状況を冷静に俯瞰していて、自虐ネタの塩梅も絶妙(さすが関西人!)で、「非常に頭のいい選手」という印象がある。

そんな村田選手は、そもそもプロに転向するかどうかでかなり迷いがあったそうだ。誰だってハッピーエンドで終わりたい。「五輪の金メダルで勝ち逃げした方がいいと、自分で思っていたんじゃないですか」。すでに妻子がある身で、”大学職員”という安定した職業を捨ててプロの世界に飛び込むのは、相当な覚悟が必要だったはずだ。

プロになってからはここまで負けなし。順調にきているように思えるが、プロ5~8戦目に判定勝ちが続いたことで、「周囲の評価と自分の実力がアンバランスで、その差を”いきがる”ことで埋めていた。葛藤がありました」。

「弱い犬ほどよく吠える」という言葉があるけど、自分の実力に自信ががない人ほど”いきがる”、すなわち、”自分を大きく見せようとする”ものだ。うちの会社にも、「僕は本なんて読まない」「でも君たち(部下)とは持っている知識の量が全然違う」「僕はすごい人間だから高い給料をもらって当たり前」などと得意気に言う上司がいるのだけど、本当に”知識が豊富ですごい人間”かどうかは、一緒に働いていればすぐに分かる。

村田選手の場合は実力がないわけじゃなくて、周りから求められるレベルがあまりにも高すぎるのだけど、いきがったり、カッコつけたりすることが徐々にしんどくなってきて、今は「ありのまま」でやっているそうだ。

自分の評価は他人がするものである。本当に実力がある人は、自分から「僕はすごい人間」なんて言わなくても、周りから「あの人はすごい」と言ってもらえる。そのためには、わかりやすい結果を出すのが一番だ。

村田選手は現在30歳。ボクサーとして第一線で活躍できる時間はもうそんなに長くない。ミドル級は層が厚くてなかなか順番が回ってこないけど、早いうちに世界戦が実現するといいなと思う。

 

村田諒太選手から学んだこと

自分の実力に自信ががない人ほど、いきがったり、自分を大きく見せたりする。