読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【赤松真人】「胃がん」から復活したスポーツ選手の前例になってくれ!

f:id:skipp-beat:20161230160327j:plain

【広島】赤松、胃がん公表 初期段階で来年1月上旬に手術へ(12/28 スポーツ報知より)

 広島・赤松真人外野手(34)が28日、胃がんを患っていることを公表した。15日に広島市内の医療機関で検査し発覚した。初期段階で、来年1月上旬に広島市内の病院で手術を受ける予定。
 赤松はこの日、マツダスタジアムで会見。「命にかかわることはないが、手術をしなければならない。手術を受けて復帰した前例があるのかはわからないが、早く治して前例になるようにしたい」と話した。
 赤松は立命大から2004年ドラフト6位で阪神入団。08年に広島に移籍した。走塁のスペシャリストとして活躍。今季は主に代走、守備固めとして89試合に出場。19打数7安打、打率3割6分8厘、12盗塁をマークし25年ぶりの優勝に大きく貢献した。


年の瀬に衝撃的なニュースが飛び込んできた。広島カープ赤松真人選手が胃がんを患い、年明けに手術を受けるとのこと。 自覚症状は全くなかったそうで、「本当にショック。誰もが自分は(がんに)ならんだろうというのが絶対にある。自分は運動もしているし、規則正しい生活も送っている。こういうのが見つかるとは夢にも思っていなかった」というのは偽らざる本心だろう。

先日、巨人の内海哲也選手も「腫瘍を摘出する手術」を受けたそうだが、若くて現役バリバリのプロ野球選手がこんなことになるなんて、本当にショックだ。

歌手の倖田來未さんと中学校の同級生、倉木麻衣さんと大学の同級生だったことでも有名な赤松選手は、2008年に阪神にFA移籍した新井貴浩選手人的補償として、カープにやってきた。個人的に忘れられないのは、マツダスタジアムに設置された「記念プレート誤植事件」である。

2010年8月4日の横浜戦で、ホームラン性の打球をフェンスを駆け上がって捕球したプレーがスパイダーマンキャッチ」として大きな話題を呼び、記念プレートが作られたのだが・・・。

 f:id:skipp-beat:20161230160455j:plain

この写真をよく見てほしい。横浜ベイスターズでの超美技だったのに、なんとスコアが「広島5-6中日」になっているのだ!「なぜに中日?」ってかんじだし、「横浜はどこに行ったんだ」という話である。

もし自分が赤松選手なら、「ちゃんと確認しろよ」とキレているところだけど、そんなことはおくびにも出さずに、間違っている「中日」の文字を指でさりげなく隠して写真に写っている。今年リーグ優勝したときには、赤松選手が率先して「新井さん!早く早く!」と胴上げを促していた。人的補償となった”因縁の相手”に対して、こういうことができる。本当に性格が良くて、球団の垣根を超えて応援したくなる選手なのだ。

そんな赤松選手に、ヤクルトの人気マスコットキャラクターつば九郎からメッセージが届いた。

あかまっちゃんへ。

しんぶんみたよ。
つばくろうは、まってるから。
またいつものように、ぐらんどで、くだらないはなしを、おもいっきりはなして、おおわらいするひを。

いそがなくていい。
ひとりでたたかってるんぢゃない。
ちーむーのみんな、ふぁんのみんな、つばくろうも、いつもちかくにいます。

あかまっちゃんのぺーすで!
ずむすた、じんぐう、みんなまってるから!!!
おとももちだいひょう、つばくろうより!

(※つば九郎の公式ブログより引用)

 
つば九郎「畜生ペンギン(畜ペン)」と言われているように、普段はブラックユーモアを連発することで知られているが、たまにこういう粋なことをするからたまらない。ヤクルトの選手ならまだしも、他球団の選手のことを自分のブログで応援するというのが、本当に優しくて泣ける・・・。

私事だが、数年前に父親が初期の胃がんになって、胃の3分の1くらいを切除したことがある。手術直後は、「たくさんの量が食べられない」「すぐに満腹になる」ということで少し痩せたけど、おかげさまで再発することなく、今も元気に暮らしている。

赤松選手も一時的に体重が落ちるだろうけど、乗り越えてほしい。来季の年俸は300万円増の3600万円。カープから必要な戦力として認められているのだ。「手術を受けて復帰した前例があるのかはわからないが、早く治して前例になるようにしたい」。まずは来年の手術が成功することを、心から祈りたいと思う。


赤松真人選手から学んだこと

年に一度は必ず人間ドックに行こう。命拾いをすることもある。