読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【クレイトン・カーショー】ポストシーズンで獅子奮迅の大活躍!

f:id:skipp-beat:20161021200930j:plain

ド軍カーショー 10日で4勝貢献302球 指揮官「地上最強の投手」(10/18 スポーツニッポンより)

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第2戦 ドジャース1―0カブス(2016年10月16日 シカゴ)
 ナ・リーグの優勝決定シリーズ第2戦が16日(日本時間17日)に行われ、ドジャースクレイトン・カーショー投手(28)が7回2安打無失点と好投し、カブスに1―0で勝利。対戦成績を1勝1敗のタイとした。13日の地区シリーズ・ナショナルズ戦での救援登板から今度は中2日で強行先発。この10日間で4試合に登板している絶対エースが大車輪の活躍を見せている。第3戦は18日(同19日)に舞台をド軍の本拠地ロサンゼルスに移して行われる


先日、日本ハムソフトバンククライマックスシリーズ第5戦で、「3番・DH」で出ていた大谷翔平選手が最終回に救援登板したのも驚いたけど、上には上がいるものだ。ドジャースのエース・カーショー投手が、10日間で4試合に登板し、投げた試合はすべてチームを勝利に導くという離れ業を見せている!

【地区シリーズ・第1戦先発 ⇒ (中3日) ⇒ 第4戦先発 ⇒ (中1日) ⇒ 第5戦救援登板 ⇒ (中2日) ⇒ リーグ優勝決定シリーズ・第2戦先発】

客観的に見ると、まるで「ドジャースブラック企業」ではないかと思えるほどの酷使ぶりだけど、それだけチャンピオンリングがほしいということなのだろう。

カーショー選手は、サイ・ヤング賞やMVPなど数々の栄冠をつかんでいるチームの”スーパーエース”だが、これまでは「大舞台に弱い選手」というレッテルを貼られていた。ポストシーズンは昨季まで13試合で2勝6敗、64回2/3を投げて、自責点33、防御率は4点台後半。それが、今季は獅子奮迅の大活躍!」となるのだから、こういうものは慣れとトレーニングなんだなぁと思う。

昨日行われたナ・リーグ優勝決定シリーズ第5戦、ドジャースカブスに4-8で敗れ、対戦成績が2勝3敗となった。後がない第6戦の先発はカーショー選手。今回は中5日で休養十分とのこと。カープ日本シリーズ進出を決めたし、マエケンにもワールドシリーズに行ってほしいから、カーショーのワンマンショー、もしくは奪三振ショーを期待したい!

 

<おまけ・カーショー選手こぼれ話>
数日前の『報道ステーション』で、ドジャースの抑え=ケンリー・ジャンセン選手の異色の経歴が紹介されていた。なんと入団当時は捕手をしていて(オランダ代表として09年WBCに出場経験あり)、強肩を活かすために7年前から投手に転向したとのこと!
先日の地区シリーズでカーショー選手が救援登板した際、人生2度目のセーブを挙げたのだが、1度目はマイナー時代で、そのときのキャッチャーがジャンセン選手だったらしい!かつてバッテリーを組んでいた二人が今、ワールドシリーズ進出をかけて継投をしている。人生は何が起こるかわからない! 


カーショー選手から学んだこと

最初からうまくいくことなんてほとんどない。何事も「慣れ」と「トレーニング」が大事。