読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【鈴木尚広】走塁のスペシャリスト、20年間の現役生活を完走

f:id:skipp-beat:20161015165944j:plain

「神の足」引退 最後はけん制死「鈴木尚広らしい」(10/14 スポーツニッポンより)

 巨人の鈴木尚広外野手(38)が13日、東京都内のホテルで記者会見を行い、今季限りで引退することを表明した。足のスペシャリストとして通算228盗塁をマーク。今季は引き際を考えながらプレーを続けたことを明かし「心技体」の「心」の部分を引退の理由に挙げた。
 プロ20年目の今季。シーズン中から引退の二文字と闘っていたことを明かした。38歳になった足のスペシャリストは「体力、技術的には上がっています。でも、心が離れていった」と言う。試合終盤の緊迫した場面での代走。失敗は許されない一発勝負では「心技体、どれか一つが欠けたら勝負はできない」。引き際だった。現役最後のプレーはDeNAに敗れた10日のCSファーストS。同点の9回に代走でけん制死となり「なかなかしないことを最後にしてしまった。でも、鈴木尚広らしい」と振り返った。


このタイミングでの引退となると、どうしても最後の牽制死ばかりが取り沙汰されてしまうけど、あのプレーが引き金になったわけではないそうだ。傍から見ると「まだまだできるのにもったいない」と思ってしまうけど、本人にしか分からないような衰えを感じていたのだろう。

プロ野球の試合で「牽制で刺される」のはそれほど珍しいことではないのに、こんなにも大きな話題になってしまったところに、鈴木選手の「走塁のスペシャリスト」としての知名度が表れていると思う(リオ五輪で、負けて号外が出た吉田沙保里選手と相通じるものがある)。走攻守の「走」の部分だけの評価で、こんなにもファンから愛されて、6000万円の年俸をもらい、引退会見まで開いてもらえる選手は、今後もなかなか出てこないような気がする。

個人的には、最後のプレーを鈴木尚広らしい」と語っていたのがとても印象に残った。スポーツは人間が行うもので、人間である以上はミスがないということはありえないのだけど、あの場面での牽制死は悔やんでも悔やみきれないはず。それなのに、「野球の神様の『もっともっとこれから成長していくんだぞ』というメッセージが込められていたのかなと思う」と前向きに捉えているところが素晴らしい。

過去に似たようなことを言っていたのが、フェンシングの太田雄貴選手である。リオ五輪で金メダルを期待されていたが、まさかの初戦敗退に終わり、現役引退の意向を表明。その際、「(北京銀、ロンドン銀ときて)最後にずっこけるのは自分らしい。この失敗とちゃんと向き合い、次に繋げられるように頑張ります」とコメントしていた。犯した失敗を ”マイナス思考” のままで終わらせるのではなく、今後の糧にしようという ”プラス思考” の二人を見ていると、「卓越した技術は、人間力をも育てる」ものなのだと実感する。

今、佐野日大高校野球部の3年生で五十幡亮汰(いそばた・りょうた)という選手がいる。中学時代は陸上をしていて、全日本中学選手権であのサニブラウン・ハキーム選手(城西高)を退けて100m・200mの2冠を達成。実績が証明しているように、とにかく足が速い選手なのだ。もし高校卒業後も野球を続けるなら、鈴木選手の後釜のようなポジションを狙ってほしい。一芸に秀でた選手って、本当に魅力的だと思うから。

 

鈴木尚広選手から学んだこと

”失敗”は捉え方次第で、今後の人生の”大きな糧”になる。