読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【リオ五輪総集編】心に残った名言ベスト10

体操 水泳 卓球 柔道 陸上 レスリング

f:id:skipp-beat:20160821100906j:plain

リオデジャネイロ五輪もいよいよ今日が最終日。まだあと少し競技が残っているけど、独断と偏見で「心に残った名言ベスト10」を作成してみた!

 

 第10位 「ワイルドな物語の終わり方だ」(競泳男子100mバタフライ銀メダル、マイケル・フェルプス選手)

f:id:skipp-beat:20160820220104j:plain

同着銀メダルとなったチャド・レクロス(南アフリカ)、ラースロー・シェー(ハンガリー)と3人で仲良く手を繋いで、同時に表彰台に上がったのがすごく可愛かった。それにしても、フェルプス一人で金メダル23個(=五輪最多記録)って凄いなぁ!

  

第9位 「9割筋肉じゃん」(競泳女子400mリレー8位、松本弥生選手)

f:id:skipp-beat:20160808185456j:plain

詳しくはコチラを。強烈なインパクトがあったのでもっと上の順位でも良かったけど、9割筋肉の「9」とかけて9位にした。なお、この名言に便乗した「9割筋肉Tシャツ」なるものが発売されている模様。山口美咲選手と松本選手にペアルックで着てほしい!

 

第8位 「今日負けたら死にたくなると思ったので頑張りました」 (卓球男子シングルス銅メダル、水谷隼選手)

f:id:skipp-beat:20160816221455j:plain

日本のエース・水谷選手が、死に物狂いで掴んだ銅メダル。張本さんもガッツポーズぐらい許してあげてほしい。ツイッターの返しも上手かった。帰国後のバラエティでは、波田陽区さん・ハライチ澤部佑さんとの3人揃い踏みを期待! 


第7位 「嬉しいのと悔しいのと、甘酸っぱい気持ち」 (柔道女子57キロ級銅メダル、松本薫選手)

f:id:skipp-beat:20160821000729j:plain

「甘酸っぱい気持ち」とは何とも可愛らしい表現。「野獣」や「アサシン」という恐ろしいニックネームとのギャップがいい。選手村で三宅宏実選手のお父さんの肩に手を回して、「とっつぁん!」と言いながら絡んでた、というエピソードが松本選手らしくて笑える。
 


第6位 「あのねー!マラソンはねー!キツイな!ここまでの過程も、レースも、全部苦しいけど、オリンピックのマラソンは出ていいよね!出るもんだね!楽しいよ!苦しいけど!もう泣きたい!もう泣いてるけど! 」 (女子マラソン14位、福士加代子選手)

f:id:skipp-beat:20160821002856j:plain

このインタビューは賛否両論あるようだけど、市民ランナーの端くれの自分としては「苦しいけど楽しい」という気持ちは本当によくわかるし、聞いているうちに涙が出てきた。一度でもフルを走ったことがある人は、共感できるインタビューだったんじゃないかと思う。 

 

第5位 「これが私の責任の取り方です」 (シンクロナイズドスイミング チーム・デュエット銅メダル、井村雅代コーチ)

f:id:skipp-beat:20160821111307j:plain

「ただシンクロを好きでやっていた女の子」を、復帰して2年で「世界と戦えるアスリート」に変えたのはさすがの一言。普段は恐ろしい井村コーチが、演技後の選手を出迎えるときは優しい笑顔なのがたまらない。1日12時間の厳しい練習が報われてよかった!

 

第4位 「侍スタイルで行きました」(陸上男子400mリレー銀メダル、飯塚翔太選手)

f:id:skipp-beat:20160821115457p:plain

9秒台の選手がいなくても、4人だと37秒60で走れる。リレーって本当に奥が深くて面白い。飯塚選手が考案したという入場時の「侍スタイル」も日本らしくてカッコよかった。山縣亮太選手がワンテンポ遅れてしまったのは、井村コーチの指導が必要か!?

 

第3位 「夢じゃないよね?もう一回とか嫌だよ」(卓球女子団体銅メダル、福原愛選手)

f:id:skipp-beat:20160821125558j:plain

やっぱり凄いプレッシャーだったんだなぁ・・・。3歳からずっと注目されてきた愛ちゃん。国民みんなが「親戚のおばちゃん」のような気分で応援してたはず。キャプテンとしてチームを支えて、2大会連続メダルは本当に立派。ゆっくり休んでほしい。 

 

第2位 「お父さんに怒られる」(レスリング女子53キロ級銀メダル、吉田沙保里選手)

f:id:skipp-beat:20160821141002j:plain

何度見てももらい泣きせずにはいられない。「そんなことないですよ。素晴らしい戦いでした。日本中が拍手を送っていると思います」というインタビュアーのコメントが、国民の気持ちを代弁していたように思う。負けて号外が出る唯一無二のアスリート。日本の誇り! 

 

第1位 「歯ブラシ立て」(体操男子団体金メダル、白井健三選手)

f:id:skipp-beat:20160821151221j:plain

白井選手の無邪気な発言のせいで、表彰式で授与される記念品のオブジェが「歯ブラシ立て」にしか見えなくなってしまった!あまりの影響力の大きさから、これを1位にしました。まだ19歳だし、4年後の東京五輪が本当に楽しみ。このまま真っ直ぐ育ってほしい!

 

今朝、facebook「すべてのオリンピック選手たちへ ~ ありがとう!リオデジャネイロで白熱した戦い見せてくれたすべてのアスリート達に、敬意と感謝を。」という表示が出ていたけど、今まさにこの心境だ。選手のみなさん、本当にお疲れ様でした!!!