読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【吉田愛、吉岡美帆】選手にとって、道具は命のようなもの

f:id:skipp-beat:20160806104334j:plain

「競技以前の問題。どうか選手が最後まで無事でありますように・・・」

セーリング】吉田・吉岡組、鉄製の鍵壊され愛用工具「丸ごと」盗難被害(7/31 スポーツ報知より)

 リオデジャネイロ五輪セーリング日本代表チームが、本番を目前に現地リオで盗難被害に遭っていたことが30日、分かった。この日、成田空港からリオに向け出発した女子470級代表の吉岡美帆(25)=ベネッセ=らが明かしたもので、五輪会場となるグロリアマリーナ沖があるグアナバラ湾近くに設置した日本チームのコンテナから、ヨットを調整するための工具類など「丸ごとやられた」という。
 現地での犯罪行為には最大限の注意を払ってきたが、それでも日本代表が巻き込まれてしまった。盗難被害が発覚したのは3日ほど前。26日に日本を出発して、先に現地入りしている相棒の吉田愛(35)=ベネッセ=から「やられた!」と一報を受けた。


リオ五輪がいよいよ始まった!今、開会式を見ながらこれを書いているのだけど、各国の入場行進やユニホームを見ているだけで楽しいし、「まだまだ知らない国がたくさんあるなぁ」とも思う。

さて、少し前にリオから気掛かりなニュースが飛び込んできた。セーリングの日本代表チームが「ヨットの調整に使う工具」を丸ごと盗まれてしまったとのこと。後から出発した吉岡選手が足りない機材を持参し、レースには無事に出られそうだが、使い慣れた道具を失ったことへの精神的なダメージが心配される。

個人的に趣味でマラソンをしていて、これまでに海外のレースを6回走ったことがあるのだけど、ロストバゲージに備えて、毎回ランニングシューズだけは必ず手荷物に入れるようにしている。履き慣れた靴で走らないと脚への負担が大きくなるので、失くなったら本当に困るからだ。

(※ちなみにレースでいきなり新品のシューズを履いて、中敷きが飛び出てしまったのがケニアのキプチョゲ選手リオ五輪男子マラソン金メダルの大本命である!)

アスリートにとって、試合で使う道具は命のようなもの。特に五輪に出るようなレベルの選手は、日頃から道具を大切に扱ってきたはずだ。今もリオでは盗難被害が相次いでいるが、これ以上、競技に関係するものが盗まれないことを祈りたい。

IOCが開催地を選ぶ基準はいろいろあるのだろうけど、「治安」も重要な要素として考えなければならないと思う。選手や関係者が競技に集中できない場所でやるのはよくない。日本選手にはもちろん一つでも多くのメダルを獲ってほしいけど、どうか最後まで全員が無事であってほしいと心から願うばかりだ。

吉田愛選手と吉岡美帆選手から学んだこと

自分の商売道具は大切にする。そして失くならないように細心の注意を。