読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

【上村愛子】ストーリーを知っている選手は応援したくなる

f:id:skipp-beat:20150823205038j:plain


昨年、惜しまれながら現役を引退した、フリースタイルスキー女子モーグル上村愛子さん。

5大会連続で出場した五輪の成績は、長野7位→ソルトレーク6位→トリノ5位→バンクーバー4位→ソチ4位。「メダルへの最後の階段を上ることができませんでした」というソチの実況が今も忘れられない。

バンクーバー五輪で4位となり、「なんでこんなに一段一段なんだろう」と悔しがっていた上村さん。それから4年後、ソチ五輪でも同じ4位だったが、「メダルは獲れなかったけど、清々しい気持ちでいっぱい」と笑顔でインタビューに答える姿を見て、思わず涙した人も多かったのではないだろうか。

メダルを「獲ってほしかった」ではなく「獲らせてあげたかった」と思うのは、上村さんがこれまで歩んできた競技生活のストーリーを知っているからだ。”ポッと出”の五輪初出場の選手が4位なら、ここまでの感情移入はできない。

100回に1回できるかどうかという会心の滑りを、長野五輪の決勝でやってのける里谷多英さんのようなスーパースターになれる人はほんの一握りだ。多くの人は上村さんのように、階段を一段ずつ上がっていく生き方を目指すしかない。だからこそ、自分にないものを持っている里谷さんには憧れを抱くし、上村さんには自分を重ねて共感をする。

コツコツ頑張ってきた人が報われる瞬間を見るのは、本当に嬉しいものだ。周囲の人から「応援せずにはいられない」「つい感情移入してしまう」と言ってもらえるように、まずは夢や目標を公言することから始めてみようと思う。