人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

芸能人

【織田裕二、中井美穂】11大会連続で世界陸上のキャスターを務める名コンビ!

織田裕二“ボルト愛”熱弁「どういう結末を迎えるか想像つかない」(7/22 サンケイスポーツより) 俳優、織田裕二(49)と元フジテレビのフリーアナウンサー、中井美穂(52)が21日、東京都内で行われた8月4日スタートのTBS系「世界陸上ロンドン」…

【小柳ルミ子】芸能界一のサッカー通が解説者デビュー!

小柳ルミ子、サッカー解説者デビューへ!「浦和-ドルトムント」で副音声初挑戦(7/10 サンケイスポーツより) 歌手で女優、小柳ルミ子(65)がサッカー解説者デビューすることが9日、分かった。15日にフジテレビ系で生中継される「浦和-ドルトムント…

【日野未来】元「Gカップグラビアアイドル」が競輪学校に入学

【競輪】元グラビアアイドルのガールズ選手候補が壮行会(5/8 デイリースポーツより) 113期生の元砂海人(27)と114期生の日野未来(24)の日本競輪学校入学者壮行会が8日、奈良競輪場多目的ステージで行われた。 日野は中原未來の芸名でグラビ…

【畑岡奈紗、ピコ太郎】2ヶ月で激変した人生

米女子ツアー出場権を獲得した畑岡奈紗が帰国 「世界ランク1位になりたい」(12/7 サンケイスポーツ) 米女子ゴルフツアーの最終予選会(QT)で14位に入り、来季ツアーの出場権を獲得した17歳の畑岡奈紗(茨城・ルネサンス高3年)が7日、成田空港着…

【モハメド・ファラー、土屋太鳳】赤坂5丁目ミニマラソン、見に行ってきました!

10月8日(土)放送のTBS『オールスター感謝祭 2016秋』の名物コーナー、「赤坂5丁目ミニマラソン」のゲストで、モハメド・ファラー選手が出るらしい。そう聞いても、最初は信じられなかった。リオ五輪男子長距離で2冠を獲った”人類最速の男”が、…

【本田圭佑、じゅんいちダビッドソン】本家とモノマネ芸人の相乗効果

「最近、本田圭佑選手がじゅんいちダビッドソンに見えてきた!」 “偽本田”じゅんいち、ホルン公式サポーター就任(7/28 スポーツニッポンより) ACミランのMF本田圭佑が実質的オーナーを務めるオーストリア2部ホルンは27日、GK用ユニホームの胸スポ…

【猫ひろし】賛否両論のオリンピアン誕生

カンボジア国籍のタレント、猫ひろし(本名=滝崎邦明)さんが、リオデジャネイロ五輪男子マラソンのカンボジア代表に選ばれた。素直に「おめでとうございます」と言いたいところだが、巷では賛否両論の声があがっているようだ。おそらく、猫さんのこれまで…

【島崎和歌子、林真理子】いつまでも変わらぬ安定感

1991年秋から年2回放送されている、TBS系列の特番『オールスター感謝祭』が、先日4月9日の放送で第50回を迎えた。個人的に『赤坂5丁目ミニマラソン』が好きで毎回見ているのだけど、初回からなんと50回連続で司会を務めているのが、タレントの島崎和歌子さん…

【小泉今日子】素敵な歳の重ね方 ~後編~

前編はコチラ。そんなわけで先日、小泉今日子さんの主演舞台『家庭内失踪』を観てきたのである。人生初の生キョンキョンは、思っていたよりも小柄で、すごく顔が小さくて、キレイな人だった。そして、長いセリフも一切噛むことがなく、堂々と演技をしていて…

【小泉今日子】素敵な歳の重ね方 ~前編~

今年の2月4日に50歳の誕生日を迎えた、女優の小泉今日子さん。祝50歳!ということで、全90ページの”キョンキョン特集”が組まれたカルチャー雑誌『MEKURU』が、1ヶ月で2回も重版する大ヒットとなった。(自分は発売日当日に、本屋を3件回ってようやく手に入れ…

【指原莉乃、大塚久美子】ピンチをチャンスに変える

アイドルグループ・HKT48のメンバーで、HKT48劇場支配人も兼務している指原莉乃さん。AKB48の”へたれキャラ”としてブレイクし、2012年の総選挙では前年の9位からジャンプアップして4位となった。そして、更なる活躍が期待された矢先に、あのスキャンダルが発…

【春日俊彰、秋山竜次】タフな人間は周囲を元気にしてくれる

人気お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰さん。2008年のM-1グランプリで準優勝し、一躍人気者に。最近は持ち前の体力を活かして、体を張った仕事をすることが増えてきた。雑誌の企画でボディビルを始めて、東京オープンボディビル選手権大会で決勝進出(5…

【山口智子】自分のスタイルを確立する

女優の山口智子さん。短大卒業後にモデルとしてデビューし、88年にNHKの朝の連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』のヒロインに。その後も、『ダブル・キッチン』『29歳のクリスマス』『ロングバケーション』など数多くの人気ドラマの主役を務め、”連ドラの女…

【サンドラ・ブロック、植村花菜】人が嫌がることをする

ハリウッド女優のサンドラ・ブロックさん。2010年に『しあわせの隠れ場所』で”アカデミー賞主演女優賞”を受賞した。映画人として最高の栄誉であるオスカー像を手に入れた前夜、サンドラさんはある賞の授賞式に出席していた。その賞とは、「ゴールデンラズベ…

【キンタロー、速水もこみち】趣味は世界を広げてくれる

元AKB48・前田敦子さんのモノマネで大ブレイクした、お笑いタレントのキンタローさん。衣装や髪型などの見た目や、しゃべり方を似せることがモノマネのコツだそうだが、キンタローさんが人気者になったのはこれらに加えて、「ダンスのうまさ」があったことが…

【小林幸子、太田雄貴】違うルートで頂上に登る

昨年の大晦日、4年ぶりにNHK紅白歌合戦に出演し、初音ミクの代表曲『千本桜』を熱唱した小林幸子さん。リアルタイムで見ていたのだが、ニコニコ動画の”弾幕”が画面に流れたのにはビックリした。テレビとネットを融合させた、圧巻のパフォーマンスだったと思…

【タモリ、山本昌】長く続ける秘訣

国民的長寿番組『笑っていいとも!』の司会を32年間務めた、タレントのタモリさん。32年のうちでタモリさんが番組を休んだのは、①ヨットで転倒して怪我、②ゴルフボールが当たって怪我、③船舶免許取得、④白内障手術、の4回だけで、風邪などの体調不良で休んだ…

【松岡修造、ヒロシ、井上裕介】日めくりカレンダーが大人気

元プロテニスプレーヤーで、スポーツキャスターの松岡修造さん。「松岡さんが海外に行くと日本が寒くなる」と言われるほどの”熱い男”で、2014年に発売された日めくりカレンダー「まいにち、修造!」が、発行部数118万部(15年12月まで)のミリオンセラーとな…

【小泉孝太郎、ふなっしー】新境地を開拓する

昨年、TBSドラマ『下町ロケット』で、阿部寛が率いる佃製作所の前に立ちはだかるサヤマ製作所社長・椎名直之を好演した、俳優の小泉孝太郎さん。2001年に小泉純一郎総理(当時)の息子として、鳴り物入りで芸能界入り。これまでは”イケメンで育ちがいい”とい…

【宮里藍、高木美帆、柳楽優弥】人生のアップダウンを楽しむ

プロゴルファーの宮里藍選手。 東北高校3年生のときにミヤギテレビ杯でツアー史上最年少優勝を果たし、プロに転向。2006年からは拠点をアメリカに移し、これまでに米ツアーで9勝。2010年にはゴルフ世界ランキングで日本人初の1位に上り詰めた。しかし、大き…

【有働由美子アナ、宮沢りえ】ハプニングに動じない度量の大きさ

今年10月27日に放送されたNHKの情報番組『あさイチ』で、有働由美子アナウンサーのつけまつげが取れるという「びっくりぽん!」な事態が発生した。直前まで放送されていた、朝の連続テレビ小説『あさが来た』の衝撃的なラストシーンに驚いたことが原因らしい…

【レディー・ガガ、アルベルト・ザッケローニ】相手が喜ぶ行動をする

これはアメリカの歌手、レディー・ガガさんが、2011年に『徹子の部屋』に出演したときの写真である。全長2メートル以上のこの奇抜なファッションは、黒柳さんの”タマネギ頭”がモチーフとのこと。見上げる顔がなんだかシュールだ!衣装をわざわざ特注するほど…

【トレンディエンジェル、すなば珈琲】マイナスをプラスに転じる

先日、5年ぶりに開催された漫才の日本一決定戦『M-1グランプリ』で優勝したトレンディエンジェル。結成当初は普通のコントをやっていたのだが、先輩芸人から「ハゲているのに、なんでそれを活かしたネタをやらないんだ」とアドバイスを受け、二人の共通の…

【とにかく明るい安村】ひらめきを形にする

今年、パンツ一丁でさまざまな体位になり、全裸に見えるポーズのネタで大ブレイクした、お笑い芸人のとにかく明るい安村さん。「安心して下さい、穿いてますよ。」がユーキャン新語・流行語大賞のトップテンにも選出された。旭川実業高校時代に甲子園に出場…

【井戸田潤、綾戸智恵】名前をネタにする

人気作家・池井戸潤さんの小説を原作としたTBSドラマ『下町ロケット』の視聴率が絶好調である。今や作品が次々とドラマ化されている池井戸さんだが、2013年に『半沢直樹』が大ヒットした際、とばっちりを受けたのがお笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤…

【有吉弘行、相川七瀬】長い潜伏期間を経て復活

現在、13本のレギュラー番組を抱える超売れっ子芸人、有吉弘行さん。ツイッターのフォロワー数は500万人を超えて、日本一となっている。有吉さんは、1994年にお笑いコンビ「猿岩石」でデビュー。『進め!電波少年』のヒッチハイク企画で大ブレイクを果たした…

【EXILE TAKAHIRO、川澄奈穂美】天は二物も三物も与える

日本を代表するエンタテインメントグループ、EXILEのTAKAHIROさん。2006年からメンバーに加入し、ATSUSHIさんとツインボーカルを務めている。最近は歌手活動の他に、フジテレビ系『バイキング』の司会を担当したり(今年3月で卒業)、連続ドラマ『戦力外捜査…

【岡田准一、長野久義】結果で周囲を黙らせる

アイドルグループV6のメンバー、岡田准一さん。昨年、放送されたNHK大河ドラマ『軍事官兵衛』で主演を務めるなど、今やジャニーズの枠を超えて、日本トップクラスの若手俳優として活躍している。そんな岡田さんがV6の一員に選ばれたのは、『天才・たけしの元…

【近藤春菜、高橋真麻】与えられた役割を全うする

お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜さん。『タレント番組出演本数ランキング』では、女性部門で2年連続1位(2012、2013年)に輝くなど、テレビで顔を見ない日がないほどの人気芸人である。そんな近藤さんは、見た目を何かに例えられたときに、「◯◯じゃ…

【末続慎吾、太田雄貴、又吉直樹】結果を出すにはそれなりの準備が必要

2003年、パリ世界陸上男子200mで銅メダルを獲得した、末續慎吾選手。陸上の短距離種目で日本人がメダリストになるというのは本当に夢のような話で、まさに歴史的快挙と言える。学生時代から高野進コーチと二人三脚で世界を目指してきた末續選手は、効率のよ…

【日本エレキテル連合、高橋尚子】ファミレスも飲み会も全力で

昨年、「ダメよ~ダメダメ」で流行語大賞に選ばれた、女性お笑いコンビ・日本エレキテル連合。この衣装とメイクに見覚えのある方も多いのではないだろうか。一時期テレビやイベントにひっぱりだこになった、小平市の細貝さん(中野聡子)と白塗り人形の朱美…

【福山雅治、大黒摩季】行き詰まったら視野を広げてみる

先日、女優の吹石一恵さんとの結婚を発表した福山雅治さん。世の女性たちが”ましゃロス”に陥り、所属事務所「アミューズ」の株価が暴落するなど、凄まじい影響力を持った国民的ビッグスターだ。18歳で歌手を目指して長崎から上京した福山さんは、念願のCDデ…

【又吉直樹・古田敦也・阿部寛】自分にあるもので勝負する

先日、芥川賞を受賞した、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん。デビュー作の『火花』は200万部を突破。一躍時の人となった又吉さんだが、本業のお笑い芸人としては長い下積み期間を経験している。 若手芸人が売れるためには「清潔さ、明るさ、分かりやす…

【イチロー、岡村隆史】早めの準備を欠かさない

先日、タイ・カッブが持つメジャー歴代2位の4191安打を、日米通算で上回ったイチロー選手。残るターゲットは歴代最多4256安打のピート・ローズだけとなった。これも、たゆまぬ身体のメンテナンスやトレーニングの賜物だろう。イチロー選手は、試合前の準備に…

【織田裕二、エイミー・フランツ】続けていれば周囲も認めてくれる

8月22日に開幕した「世界陸上北京大会」で、俳優の織田裕二さんが10大会連続のメインキャスターを務めている。MCデビューは今から18年前。今回、史上最年少で代表に選ばれた、16歳のサニブラウン・ハキーム選手が生まれる前から、陸上競技の魅力や感動を伝え…