人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

一般人

【山本大貴】「高校通算本塁打」の最多記録保持者は、JRの駅員として奮闘中

早実・清宮、高校通算100号!享栄戦で135メートル場外弾「絶対無理だと思っていた」(6/4 スポーツ報知より) ◆愛知県高野連招待試合 ▽第2試合 享栄5―1早実(4日・小牧) 今秋ドラフト目玉の早実(東京)・清宮幸太郎内野手(3年)が、愛知県高野…

【再田光進】今年も「神戸マラソン」でプリキュアが大爆走!

11月20日に開催された『第6回 神戸マラソン』で、市民ランナーの”マラソンサニー”こと再田光進(さいた・みつのぶ)さんが、今年もプリキュア姿で大爆走!見よ、この鍛え上げた逞しい太腿を!実は、自分もこの大会を走ってきたのである。当日は気温20…

【蓬田修士、林修】人生は台本通りにはいかないもの

フジテレビ『めちゃ×2イケてるッ!』の伝説の素人、蓬田修士さん(以下、ヨモギダ君)。雛形あきこさんの大ファンだったヨモギダ君(当時15歳)が、「来い!岡村(バカ)」という挑戦状(=岡村さんの雛形いじりに対する苦情)を番組宛に送りつけたことがき…

【逸ノ城、再田光進】ギャップがたまらない!

幕下付け出しデビューからわずか5場所で三役に昇進し、昭和以降で最速のスピード出世を果たした、”モンゴルの怪物”こと逸ノ城関。土俵上では強面の雰囲気を醸し出しているが、はにかんだ笑顔が可愛いと大人気だ。たどたどしい日本語もたまらない。出世の早さ…

【増田明美、野山慎介】声がいい!

スポーツジャーナリストの増田明美さん。テレビ朝日『マツコ&有吉の怒り新党』の「新・3大増田明美の解説中のミニ情報」というコーナーで絶賛されたように、”聞き心地の良い声 × 詳しすぎるマラソン解説”が大人気だ。成田高校時代に1万メートルなど7種目で…

【西口文也、小松大谷高校】忘れ得ぬ記憶

今季限りでユニホームを脱いだ、元西武ライオンズの投手・西口文也さん。94年にドラフト3位で西武に入団し、97年には沢村賞、MVP、最多勝などタイトルを総なめ。西武一筋で通算182勝を挙げた。このような輝かしい記録とともに、西口さんが球史に名前を刻んだ…

【君原健二、阿南重継】長く続けることの素晴らしさ

日本男子マラソン界のレジェンド、君原健二さん。「東京、メキシコ、ミュンヘン」と3大会連続でオリンピックに出場し、「8位、銀メダル、5位」という素晴らしい成績を残している。32歳で競技の第一線を退いた後も、全国各地のマラソン大会にゲストランナーと…

【織田裕二、エイミー・フランツ】続けていれば周囲も認めてくれる

8月22日に開幕した「世界陸上北京大会」で、俳優の織田裕二さんが10大会連続のメインキャスターを務めている。MCデビューは今から18年前。今回、史上最年少で代表に選ばれた、16歳のサニブラウン・ハキーム選手が生まれる前から、陸上競技の魅力や感動を伝え…