読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

テニス

【伊達公子、ショーン・ホワイト】戦い続ける理由

伊達術後初実戦 5月復帰目指す「試合できたことがうれしい」(4/13 スポーツニッポンより) 女子テニスの元世界ランキング4位で左膝故障からの復帰を目指す伊達公子(46=エステティックTBC)が、術後初めての実戦に臨んだ。 松山市の愛媛県総合運動…

【アンディ・マリー】テニス界の頂点に登りつめた男

「努力すれば夢は叶う」「越えられない壁はない」。一見、キレイゴトにしか思えない言葉も、この男の半生を振り返れば、「その通り!」と実感せずにはいられない。男子テニス界の新王者、アンディ・マリー選手。昨年、英国人選手として初めて男子テニス世界…

【錦織圭、松山英樹】前人未到の領域を切り拓く「世界力」とは?

2016年12月30日にフジテレビ系列で放送された、スポーツドキュメンタリー『The 世界力』。日本を代表するハリウッドスターの渡辺謙さんが、錦織圭選手(世界ランク5位)と松山英樹選手(世界ランク6位)に迫るという、これ以上ない豪華な企画!こ…

【ローリー・マキロイ、キャロライン・ウォズニアッキ】別れてもすごい二人

かつて、ロス・インディオス&シルヴィアの『別れても好きな人』という歌が流行したことがあったけど、世の中には「別れてもすごい二人」がいるものだ。男子ゴルフ界のスター、ローリー・マキロイ選手(英国)と、女子テニス界のスター、キャロライン・ウォ…

【ノバク・ジョコビッチ】絶対王者の人間的な一面

「やはりオリンピックには魔物がいるのか・・・」 【テニス】ジョコビッチ、まさかの1回戦敗退に涙(8/8 スポーツ報知より) 男子シングルス1回戦で世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(29)=セルビア=が、敗れる波乱が起きた。 同141…

【松岡修造、ヒロシ、井上裕介】日めくりカレンダーが大人気

元プロテニスプレーヤーで、スポーツキャスターの松岡修造さん。「松岡さんが海外に行くと日本が寒くなる」と言われるほどの”熱い男”で、2014年に発売された日めくりカレンダー「まいにち、修造!」が、発行部数118万部(15年12月まで)のミリオンセラーとな…