人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

スノーボード

【渡部暁斗、竹内智香】五輪前年に必要なのは「変わらない勇気」

5月18日に、平昌五輪の有力選手たちが一堂に会した『SAJ SNOW AWARD 2017』が開催された。全日本スキー連盟がそのシーズンに世界の舞台で活躍した選手を表彰するもので、今回が第一回目。受賞者の渡部暁斗選手(北野建設)と竹内智香選手(広島ガス)は、…

【伊達公子、ショーン・ホワイト】戦い続ける理由

伊達術後初実戦 5月復帰目指す「試合できたことがうれしい」(4/13 スポーツニッポンより) 女子テニスの元世界ランキング4位で左膝故障からの復帰を目指す伊達公子(46=エステティックTBC)が、術後初めての実戦に臨んだ。 松山市の愛媛県総合運動…

【平野歩夢】「冬季五輪日本人最年少メダリスト」が日大に入学

平野歩夢、日大入学で決意「自立」で歩む ソチ五輪スノボHP銀(4/9 スポーツニッポンより) スノーボード・ハーフパイプ男子のソチ五輪銀メダリスト、平野歩夢(18)が東京・日本武道館で行われた日大の入学式に出席した。スポーツ科学部の学生として寮…

【成田緑夢】平昌パラリンピック出場を目指す、成田三兄弟の末っ子

成田緑夢、スノボクロス連覇「ヒーローになりたい」(2/19 日刊スポーツより) <スノーボード:全国障がい者選手権大会>◇19日◇長野・白馬乗鞍温泉スキー場◇男子スノーボードクロス(下肢障害など)決勝 パラスポーツの期待の星、成田緑夢(ぐりむ、23…

【家根谷依里】札幌冬季アジア大会、日本人金メダル第一号!

スノボ大回転の家根谷依里が金1号 2大会ぶり3度目の五輪へ弾み(2/20 デイリースポーツより) 「冬季アジア大会・スノーボード大回転」(19日・札幌) 女子で家根谷依里(やねたに・えり、32)=大林組=が2本合計1分43秒47(55秒67、47…

【國母和宏】成田空港に「腰パン」スタイルで現れた真意とは?

2017年1月26日発売の『Sports Graphic Number 920号』に、國母和宏選手のインタビューが載っていた。スノーボードの世界では”カズ”と呼ばれ、絶大なカリスマ性を誇る彼は、「拍子抜けするほど、礼儀正しかった」らしい。ライターの方がこのような感想…

【為末大、竹内智香】アウェイに飛び込む勇気

世界陸上の男子400mハードルで2度銅メダルを獲得した、”侍ハードラー”こと為末大さん。中学のときに、全国大会の100mと200mで2冠を達成。その後、400mハードルに転向し、日本ジュニア記録を樹立。常に同世代のトップを走り続けてきた。そんな為末さんは、大…