人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

優れた成績(結果)を残す選手には、必ず理由(原因)がある。アスリートがプレーで表現してくれたことを、わかりやすい文章に落とし込んで発信します。

スケート

【本田真凜】衣装を忘れて緊張が吹っ飛び、シニアデビュー戦で優勝!

(※ 写真は時事ドットコムより) 本田真凜「衣装は一番最初にスーツケースに入れました」V一夜明けトロントへ移動(9/17 スポーツ報知より) フィギュアスケートのUSインターナショナルでシニアデビュー戦Vを飾った本田真凜(16)=関大高=が一夜明け…

【ユリア・リプニツカヤ】ソチ五輪で団体金メダルに貢献したスケーター、19歳で引退

ソチ五輪団体金メダリスト リプニツカヤが電撃引退 拒食症が原因か(8/28 デイリースポーツより) フィギュアスケート女子のソチ五輪団体金メダリストのユリア・リプニツカヤ(19)=ロシア=が現役を引退することが28日、分かった。タス通信などロシア…

【浅田真央、小塚崇彦】座布団が頭に直撃!引退しても絵になる二人

浅田真央さんに座布団が直撃!小塚崇彦氏と名古屋場所を観戦(7/19 サンケイスポーツより) 大相撲名古屋場所11日目(19日、愛知県体育館)フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー冬季五輪銀メダリストで4月に現役引退した浅田真央さん(26…

【大松尚逸、菊池彩花】日常生活もままならない、どん底からの復活!

苦労人が決めた!ヤクルト大松サヨナラ弾 ロッテ自由契約から今季テスト入団(5/10 デイリースポーツより) 「ヤクルト3-2広島」(9日、神宮球場) 決着をつけたのは、苦労人の一振りだった。延長十二回、代打のヤクルト・大松尚逸内野手(34)が6番…

【村元哉中、エフゲニア・メドベージェワ】「人が喜ぶこと」をしてくれるスケーター

真央さんへ…世界中から愛の寄せ書き 「いなかったら今のスケート界はない」(4/22 デイリースポーツ) 「フィギュアスケート・国別対抗戦」(22日・代々木第一体育館) 今シーズンのラストを飾る世界国別対抗戦。女子フリーが行われたこの日、試合会場は白…

【浅田真央】あなたのスケートが、本当に大好きでした

浅田真央 引退会見に報道陣430人 近年最大級(4/13 日刊スポーツより) 10日に現役引退を発表したフィギュアスケート女子の浅田真央(26)が12日、都内で会見し、引退の理由を語った。「自分の強さ」の象徴でもあるトリプルアクセル挑戦を貫き、自己ワ…

【カロリーナ・コストナー】三十路スケーターが世界選手権で6位入賞!

コストナー、8番滑走で66・33点 資格停止処分が解け3季ぶりに復帰/フィギュア(3/29 サンケイスポーツ) フィギュアスケート・世界選手権(29日、フィンランド・ヘルシンキ)来年の平昌五輪の国・地域別出場枠をかけた大会が開幕。37人が出場する…

【加藤条治、金藤理絵】最後まで悔いのない競技人生を!

加藤条治が退社 選手専念「新しい気持ちで」(3/24 日刊スポーツより) 10年バンクーバー五輪スピードスケート男子500メートル銅メダリストの加藤条治(32)が所属の日本電産サンキョーを退社する。同社が23日、加藤の25日付での退社を発表した。…

【本郷理華】今シーズン2度目の「補欠から繰り上がり」出場

宮原世界フィギュア欠場で五輪3枠ピンチ!左股関節骨折、代役に本郷(3/21 デイリースポーツ) 日本スケート連盟は20日、フィギュアスケート女子で全日本選手権3連覇中のエース、宮原知子(18)=関大=が左股関節のけがの影響で、29日開幕の世界選…

【高橋大輔、小塚崇彦】その後のフィギュアスケーター

(※ 写真はスポーツニッポンからお借りしました)2月10日発売の『日経ビジネスアソシエ 2017年3月号』に、高橋大輔さんのインタビューが載っていた。ビジネスパーソン向けの雑誌で見ると、なんだかいつもと違う感じがするから不思議である。2014…

【三原舞依】病を乗り越えて、リアル・シンデレラストーリー!

【フィギュアスケート】四大陸選手権Vの三原舞依が帰国。150人が出迎え(2/20 スポーツ報知より) フィギュアスケートの四大陸選手権(韓国・江陵)の女子で逆転優勝した三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=が20日、関西空港着の航空機で帰国…

【高木菜那、高木美帆】平昌五輪で初の「姉妹同時出場」なるか

日本のスピードスケート女子中長距離界を引っ張る「高木姉妹」。これまでに姉の菜那選手(左、日本電産サンキョー)がソチ、妹の美帆選手(右、日体大)がバンクーバーと、それぞれ一度ずつ五輪に出場している。先に出たのは美帆選手。2010年のバンクー…

【遠藤日向、本田真凜】大事な試合に出られない悔しさ

学法石川・エース遠藤日向、インフルで出場断念 全国高校駅伝(12/25 福島民友より) 高校の枠を超えたスピードに乗った走りで活躍が期待された学法石川高のエース遠藤日向選手(3年)がインフルエンザのため全国高校駅伝競走大会を欠場、松田和宏監督は「本…

【小平奈緒】オランダでの武者修行+美味しい日本食=絶好調!

小平奈緒が出場大会4連勝、王国オランダでも強さ(12/10 日刊スポーツ) <スピードスケート:W杯第4戦>◇9日◇オランダ・ヘーレンフェイン スピードスケートW杯第4戦のヘーレンフェイン大会(オランダ)第1日は9日、当地であり、女子短距離エースの…

【羽生結弦】氷上のプリンスがキレキレの「恋ダンス」を披露!

羽生結弦と織田信成の「恋」ダンスが10万リツイート!「ぜひ、エキシビジョンで」(11/28 スポーツニッポンより) 様々な話題が沸騰する女優の新垣結衣(28)が主演を務めるTBSのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜後10・00)。元フィギュア…

【織田信成】引退してから自己ベストを更新した男

「やっぱりいいキャラしてる!コメントも面白くて最高!」 織田氏、現役時代の自己ベスト越え「涙の引退は何だったんだろう」(10/2 スポーツニッポンより) ◇フィギュアスケート ジャパン・オープン(2016年10月1日 さいたまスーパーアリーナ) プロ…

【本田真凛】望結ちゃんの姉は、昨季の世界ジュニア女王!

今から11年前、2005年12月17日。フィギュアスケート女子のグランプリファイナルで、当時15歳の浅田真央選手が ”初出場初優勝” という快挙を成し遂げた。この歓喜の瞬間を、「代々木第一体育館で、実際に生で見ていた」というのが、これまでの自…

【長島圭一郎】五輪で一番を!34歳からの再チャレンジ

長島圭一郎が現役復帰 バンクーバー五輪銀メダリスト(6/30 デイリースポーツより) バンクーバー冬季五輪スピードスケート男子500メートルの銀メダリスト、長島圭一郎(34)が平昌五輪を目指して現役復帰することが30日、分かった。マネジメント会社…

【琴欧洲、エフゲニア・メドベージェワ】漢字を学び、セーラームーンを歌う

2014年に惜しまれながら現役を引退した、元大関・琴欧洲の鳴戸親方。現在は、日本相撲協会の広報部に所属し、記者クラブの仕事をしている。5月の夏場所では、元小結・高見盛の振分親方と2人で15日間、「幕内・十両全力士の成績表」の作成を担当した…

【バーニー・ウィリアムス、小塚崇彦】新しい門出に乾杯!

元メジャーリーガーのバーニー・ウィリアムスさん。1991年から2006年まで、ニューヨーク・ヤンキース一筋で16年間プレーし、4度の世界一に貢献。松井秀喜さんの良きチームメイトでもあった。「小さい頃は、野球選手よりもプロの音楽家になりたかった」とい…

【織田信成、篠原信一】キャラクターとポジショニングが絶妙

阿部サダヲさんの主演映画『殿、利息でござる!』が、あさって5月14日に公開される。今から250年前に、江戸時代の仙台藩で起きた実話をもとにした映画で、ソチ五輪フィギュアスケート男子シングル金メダリストの羽生結弦選手が「藩主役」で出演することが大…

【水野学、長光歌子】自主的にプラスアルファを加える

クリエイティブ・ディレクターの水野学さん。言わずと知れた、くまモンの生みの親である。個人的に、くまモンの大ファンなのだ!毎年、くまモンとは年賀状のやり取りをしているし(必ずコメント付きの返事をくれる)、くまモンと握手をするために、寒空の下…

【伊藤みき、川澄奈穂美、ジョアニー・ロシェット】「なぜこんなときに」を乗り越えて

スポーツの神様は、時としてアスリートに残酷な試練を与えるものだ。フリースタイルスキー女子モーグルの伊藤みき選手(北野建設)。2013年にW杯で初優勝し、世界選手権でも銀メダル。一躍ソチ五輪のメダル候補と騒がれた。しかし五輪2ヶ月前、練習中に右膝…

【伊藤みどり、セブンカフェ】成功するまで挑戦する

1992年アルベールビル五輪女子フィギュアスケート女子シングル銀メダリスト、伊藤みどりさん。高さとスピードのあるジャンプで、”ジャンプの申し子”と呼ばれ、1989年の世界選手権で女子では世界初のトリプルアクセルを公式に成功させて優勝。2004年には日本…

【宮里藍、高木美帆、柳楽優弥】人生のアップダウンを楽しむ

プロゴルファーの宮里藍選手。 東北高校3年生のときにミヤギテレビ杯でツアー史上最年少優勝を果たし、プロに転向。2006年からは拠点をアメリカに移し、これまでに米ツアーで9勝。2010年にはゴルフ世界ランキングで日本人初の1位に上り詰めた。しかし、大き…

【鳥海貴樹アナ、工藤三郎アナ】「これが浅田真央です」「よく頑張りましたね」

オリンピックの名実況と言えば、「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」(アテネ五輪、男子体操団体)、「立て、立て、立てぇ、立ってくれ~!」(長野五輪、スキージャンプ団体)、「前畑ガンバレ!」(ベルリン五輪200m平泳ぎ)などが有名だ…

【宮里優作、ダン・ジャンセン】苦労人が報われるとみんな嬉しい

2013年の男子ゴルフツアー「日本シリーズJTカップ」で、涙の初優勝を飾った宮里優作選手。最終日の18番で劇的なチップインパーが決まった瞬間に腰が抜けて、その場で泣き崩れていた姿を覚えている方も多いのではないだろうか。宮里3兄妹の次男の優作選手は、…

【杉村太蔵・中野友加里】頑張ったことはセカンドキャリアにも活かされる

元衆議院議員で、現在は”薄口政治評論家”としてバラエティ番組に引っ張りだこの杉村太蔵さん。議員になりたてのころから「早く料亭に行きたい」「議員報酬でBMWを買いたい」など、自由奔放な発言で注目を浴びることが多かった彼だが、特技のテニスでは高校3…

【スティーブン・ブラッドバリー】最後に逆転すればいい

スティーブン・ブラッドバリー。この名前を聞いてすぐにピンときた人は、かなりのオリンピック好きか、あるいは一発逆転の人生を夢見ている人かもしれない。2002年、ソルトレイクシティ五輪のショートトラック男子1000メートルで優勝した彼は、「五輪史上、…