人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

一流になれなかった元アスリートのブログ。憧れの存在であるトップアスリートの「思考・行動パターン」を真似したくて日々奮闘中。

【末續慎吾、高橋大輔】勝利至上主義の先にある「スポーツの楽しさ」の伝道者

f:id:skipp-beat:20180925184743j:plain

※ 写真は「au Webポータル」より

2018年9月20日(木)にNHKで放送された、末續慎吾選手の『アスリートの魂』。内容が本当に素晴らしかったので、ここに概要を書き残しておこうと思う。

03年パリ世界陸上の200mで銅メダルを獲得した”陸上界のレジェンド”は、08年北京五輪の400mリレーで銅メダル(のちに銀に繰り上がり)を獲った後、長期休養を経て11年にレースに復帰。38歳になった今も、バリバリの現役スプリンターとして頑張っていたのだ!

短距離種目は、瞬発力を必要とするスタートの部分で年齢の影響が大きく出ると言われている。そのため、周囲の人からは、「恥をかくからもう走るな」と忠告されて辛い思いもしたそうだが、「これからもずっと現役というスタンス。チャンピオンシップスポーツに常に挑戦しようとしていることが大事」

そんな末續選手がレースに出続けることで表現したいのは、勝利至上主義の先にある「競技の楽しさ」。これまでは年齢を重ねたトップアスリートは、引退するのが当たり前という世界観だった。でも苦しい思いをしただけで終わるのは、あまりにももったいない。日の丸を背負って世界で戦うプレッシャーから解放されたら、その次には「自分のために、楽しく競技に取り組むステージがあってもいいんじゃないか?」。 

f:id:skipp-beat:20180925185009j:plain

※ 写真は「スポーツナビ」より

このコメントを聞いたとき、真っ先に頭に浮かんできたのが、バンクーバー五輪フィギュアスケート男子シングル銅メダリスト・高橋大輔選手である。14年10月に引退し、その後はプロフィギュアスケーターとして活動していたが、32歳になった今年、4年ぶりに現役復帰を表明した。

ご存知のように、今の日本には「羽生結弦宇野昌磨」という平昌五輪のワンツーコンビがいる。「勝てる気は一切しない。全日本選手権の最終グループに入って、彼らと一緒に6分間練習や公式練習をしたい」

競技者としてのピークを越えていることは、おそらく本人も分かっている。それでも現役に戻りたいという彼に対して、末續選手が言われた「恥をかくから辞めろ」というような、心ない言葉は絶対に言ってはいけないと思うのだ。

「恥をかく」というのは、裏を返せば「全盛期がいかに凄かったか」ということでもある。二人ともオリンピックと世界選手権、両方でメダルを獲った。私たちは全盛期のパフォーマンスにどれだけ夢を見させてもらい、感動を与えてもらってきたのか。「誰かのため」に身を粉にして練習に励み、結果を残してきた彼らには、これからはただ「自分のため」だけに純粋に競技を楽しんでもらいたい。もうアスリートとしては、十分すぎるくらいの仕事をしたんだから!

今も末續選手の元には、走りのアドバイスを求める中高生が絶えない。そして、高橋選手が関大たかつきアイスアリーナで曲をかけて練習を始めると、ほとんどのスケーターが滑るのをやめて見入ってしまうそうだ。

人間は、歳とともにできなくなることもたくさんあるけど、年齢を重ねたからこそ「後輩たちに見せられる背中」がある。元メダリストの年季の入った”走り”と”滑り”を、これからも末永く見られると嬉しい。

 

末續慎吾選手&高橋大輔選手から学んだこと

「自分のために楽しく競技に取り組む」というステージがあっていい。

【大坂なおみ】ブーイングを拍手に変えた、全米オープン優勝インタビュー

f:id:skipp-beat:20180911193519j:plain

※ 写真は「毎日新聞」より

テニスの「全米オープン」女子シングルスで、大坂なおみ選手(日清食品)がセリーナ・ウィリアムズを倒して優勝!なんだか夢を見ているような、でも紛れもなく現実で成し遂げられた歴史的快挙。史上最大級の「あっぱれ!」を送りたい。

16歳年上の元世界女王との決勝戦は、6-2、6-4で圧勝。プレー内容が本当に素晴らしかっただけに、表彰式の怒号のようなブーイングは残念でならない。「セリーナの復活を見たかった」という観客の気持ちも分かるけど、スポーツは試合が終わればノーサイド。素直に勝者を称えてほしかったなと思う。

そんな異様なムードを、大坂選手は自らの”謙虚なスピーチ”で一変させてみせた。「みんながセリーナを応援していたのは分かってる。こんな結末でごめんなさい。とにかく試合を見てくれてありがとう」

20歳の新女王が涙声で絞り出したこのセリフに、心を打たれたテニスファンは多かっただろう。だって、大坂選手は何も悪くないのだ。審判に対して激しく抗議もしていないし、ラケットを叩きつけて壊したりもしていない。最後までスポーツマンシップに則って、正々堂々と戦っただけなのに!

f:id:skipp-beat:20180911193807j:plain

※ 写真は「サンケイスポーツ」より

そして最近、大坂選手と同じような”不憫な思い”をしたのが、元モーニング娘。保田圭さんである。9月6日、都内で行われたマクドナルドの「秋クルー採用キャンペーン」のイベントに、一緒に出るはずだった吉澤ひとみさんが飲酒ひき逃げで逮捕されたため、急遽一人で参加することになった。

このときはまだ事情も知らなかったそうで、気が動転してもおかしくない状態の中、吉澤ひとみが急遽参加できず、『おい、保田圭だけかよ』という気持ちかもしれませんが、飲み込んでいただいて、宜しくお願いします」と、自虐的なコメントで笑いをとっていたらしい!

モー娘。時代は、CDジャケットの写真で顔が切れていたり、グッズのうちわの数が一人だけ少なかったりと、冷遇されることも多かった。自分も当時は、安倍なつみさんや後藤真希さんなど、目立つメンバーばかりを注目していたけど、今は「OGの中で保田さんが一番好きだ」と胸を張って言える。だって、絶対に性格がいいと思うから!

「こんな終わり方ですみません」「今日は保田圭だけですみません」。二人とも謝る必要なんて全然ないのに、場の空気を読んで謝罪コメントを発表した。こういうひたむきな言動を、見ている人はちゃんと見ているし、届く人にはちゃんと届いているのだ。

一時的には損をしても、将来的に大きな利益になって返ってくる、という意味の「損して得取れ」という諺がある。置かれた状況に真摯に対応したことで、垣間見えたスターの素顔。大坂選手も保田さんも、一時的には損(嫌な思い)をしたかもしれないけど、確実に大きな利益があった(ファンが増えた)と思う。

大坂なおみ選手、保田圭さんから学んだこと

人生はロングスパンで考える。一時的に損をしても、将来的に利益があればOK。

【谷真海】東京パラリンピック出場の道が閉ざされた、五輪招致の立役者

f:id:skipp-beat:20180903220555j:plain

※ 写真は「SUNTORY」のHPより

『Sports Graphic Number』で、”新しい地図”の連載がスタートした。稲垣吾郎さん・香取慎吾さん・草彅剛さんの3人が、東京パラリンピックを目指すアスリートと語り合って、競技の魅力を伝えていくというもの。彼らの影響力の大きさが、とても正しく使われている。

この第1回のゲストとして、パラリンピック金メダリストの土田和歌子選手が登場。先日、トライアスロンの東京パラで実施されるクラスが発表されたという話をしていた。それによると、土田選手のクラスは入ったそうだが、「該当クラスが除外されてしまった日本の有力選手もいる」

具体的な名前は出ていなかったけど、これはおそらく谷真海選手のことだろう。旧姓の「佐藤真海」だったらピンとくる方も多いかもしれない。13年9月、ブエノスアイレスで行われたIOC総会の最終プレゼンテーションでスピーチをして、東京五輪の招致に大きく貢献した、あのパラリンピアンである。

20歳のときに骨肉腫のため、右足の膝から下を切断。走り幅跳びアテネ、北京、ロンドンと3大会連続でパラリンピックに出場した。その後、「東京で金メダルをとるために」トライアスロンに転向。昨年の世界選手権でも優勝し、このままいけば「金メダル確実」と言われていたのだが・・・。

谷選手が出場する「運動機能障害PTS4」というクラスは、競技人数が少ないことなどから東京パラリンピックで実施を見送られることになった。他の競技では、障害の程度の軽いクラスに出ることを認める例もあるのだが、トライアスロンは自分のクラス以外は出場不可。つまり、戦わずして門戸が閉ざされてしまったのだ。

勝負の舞台があるというのは、スポーツ人の特権だ。
わたしにはそんなプレッシャーの中で仕事をする機会などない。
感極まる、などという経験は遠い昔のことだ。
(『泳いで帰れ』/奥田英朗


たとえば、柔道やレスリングのように体重別なら、自分の階級が実施されない場合は、体重を増やすなり減らすなりすれば、試合に出ることができる。でも、負ってしまった障害の「重い軽い」はどうすることもできない。本当に自分ではどうしようもないことなのだ。

東京五輪招致にあれだけ尽力してくれた人の「勝負の舞台」「スポーツ人の特権」を奪うというのは、あまりにも理不尽だと思う。この残酷な事実を一人でも多くの人に知ってもらいたくて、自分は今、この記事を書いている。

パラリンピックのクラス分けが難しい」のはよく分かる。障害の部位や程度は人によって違うから、どうやったって完全に公平にはならない。でも、どこかで線引きをしてルールを決めないと、スポーツとして成り立たなくなる。それは理解しているのだけど・・・。

 

世の中にはどうしようもないことがたくさんあって、そこに出口がないなら、
どうにかしようがあることに努力や時間を割いていったほうがいい。
(『走りながら考える』/為末大


谷選手は東京パラへの道が閉ざされてからも、今まで通りにトレーニングを続け、「少しでも可能性がある限り、最後まであきらめない」と、悲壮な決意を口にしている。9月12~16日には、連覇がかかる「世界パラトライアスロン選手権」に出場する予定。「どうしようもない」東京五輪はさておき、まずは「どうにかしようがある」に世界選手権に集中だ。

かつて、15歳の浅田真央さんがフィギュアスケートのグランプリファイナルで優勝したとき、「こんなに強いのに年齢制限でトリノ五輪に出られないなんておかしい」「出場させてあげたい」という声が上がった。谷選手が世界選手権で連覇を達成すれば、同じような要望が寄せられるかもしれない。もし軽いクラスと統合されれば、条件的には不利になるけど、スタートラインに立つことはできる。今後の動向を見守りたい。

 

谷真海選手から学んだこと

どうにかしようがあることに努力や時間を割くようにする。

 

【高嶋仁】3年生は全員出す!高校球史に一時代を築いた名将が退任

f:id:skipp-beat:20180829214825j:plain

※ 写真は「日刊ゲンダイDIGITAL」より

夏の甲子園で歴代最多の68勝を誇る、智弁和歌山高嶋仁監督がこのたび退任を表明。「ノックができなくなった」のが大きな要因とのことだが、ベンチ前で戦いをじっと見つめる、あの代名詞の仁王立ちがもう見られないなんて寂しい・・・。

高校野球の指導歴は48年。その間、甲子園に35回出場し、94年春・97年夏・00年夏と3度の全国制覇を成し遂げた。個人的には、高塚信幸さん、中谷仁さん、喜多隆志さんらがいた97年のチームが最も印象に残っている(※決勝で、元オリックス川口知哉さんを擁する平安に勝った)。

そんな智弁和歌山といえば、押しも押されもせぬ”高校野球の強豪校”だが、現在の部員数は34人。これに対して、昨夏の甲子園を制した花咲徳栄高校の部員数は、約5倍の163人。他にも100人超えの名門校が多い中、「1学年10~12人の少数精鋭で戦う」という高嶋監督の方針を、自分はとても好ましく思っているのだ!

「人数が多い学校に行くと、夏の大会前でも(球拾いなどで)外野で遊んでる子がおる。それが3年生なんです。そういう選手だけはつくりたくなかった」。そのため、予め受け入れる人数を制限し、甲子園に出場したときは、原則として3年生全員をベンチ入りさせている。

今年の夏は珍しく初戦敗退だったが、4点ビハインドの9回に主力を次々に交代させて、補欠の3年生全員に出場機会を与えていた。この試合だけでなく、智弁和歌山は「分かりやすい思い出代打」が登場することがよくある。「3年生は3年間やってきたんやから、後半になると全員を出してしまう。悪い癖なのか、いい癖なのか」

最後に代打で出て、たとえ三振だったとしても、「人生で一度でも甲子園の打席に立ったことがある」というのは、その選手にとってかけがえのない思い出となる。そして、高校を卒業するときにきっとこう思うだろう。「智弁和歌山で3年間野球ができて本当に良かった」と。

高嶋監督は「名将」であり「勝負師」だけど、「教育者」でもあるのだと思う。だから、たまに采配に”情”が入る。主力メンバーで最後まで戦う方が、勝つ可能性が高いことは百も承知。でも、そんな”目先の勝利”よりも、教え子の”3年間の頑張り”に報いるために、3年生全員に出場機会を与えてあげたいー。

かつて松井秀喜さんを5連続敬遠した明徳義塾や、レギュラーの9人だけで決勝まで勝ち進んだ金足農業のように、勝負に徹する学校もある。一方、高嶋監督は人情優先。どちらが良いとか悪いとかではない。これは各学校の高校野球に対する「スタンス」の違い、ひいては各監督の「人生観」の違いなのだ。

勝利のために、「学年問わず力のある選手を使う」という論理的思考も一理ある。でも、個人的には、勝負に徹することができず、つい情に流されてしまう”人間味”のある高嶋監督が大好きだった。後任の中谷仁さんも、「少数精鋭&3年生は全員出す」という方針は継続してほしいと思う。


高嶋仁監督から学んだこと

高校野球は教育の一環。義理人情を大切にする。

 

【野上恵子】32歳の遅咲きランナー、アジア大会で銀メダルを獲得!

f:id:skipp-beat:20180826213957j:plain

※ 写真は「Yahoo!ニュース」より

現在、ジャカルタで行われている「アジア大会」の女子マラソンで、野上恵子選手(十八銀行)が銀メダルを獲得!

陸上の名門・須磨学園出身だが、3年間で高校駅伝は一度も走れず。それでも自分の力を信じて実業団に進み、このたび32歳で人生初の日本代表に!と、ここに至るまでのバックグラウンドを知るだけで、もう応援したくてたまらない。

レースは優勝したチェリモ選手(バーレーン)がトップを独走。第2集団は野上選手、韓国、北朝鮮の3人。上位4人でメダルは3つ。韓国と北朝鮮の選手は一切前に出ず、コバンザメ走法に徹している。

「これは最後の最後で抜かされる(4位になる)パターンか・・・」と切ない場面を予想した陸上ファンもいただろうが、40キロ以降を全出場選手中、最速タイムで駆け抜ける見事な走りで、爽やかに裏切ってみせた。

このレースの解説者・高橋尚子さんの言葉で、個人的に最も印象に残ったのは、「野上さんは32歳だけど、マラソンを始めたのは29歳。だから肉体の消耗はまだ大学生くらいでフレッシュなんです」。中学・高校とずっとケガに泣かされ、走り込めなかったことで、早い時期から足を酷使せずに済んだ。人生は何が幸いするかわからない。

「自分にとってはつらかった経験が、時間が経ち環境が変わったことで大きな財産になっていたのだから人生はわからない」(『決めて断つ』/黒田博樹


40キロの給水ポイントで園田隼選手(黒崎播磨)から”力水”を受け取り、サングラスを外した野上選手は、残りの2.195キロを、力強いピッチ&充実感に満ちた清々しい表情で走り切った。

ゴール後もシドニー五輪高橋尚子さん並みに、全く息の乱れはなし。真冬の箱根駅伝では、大学生がみんなバタバタと倒れているのに、酷暑のフルマラソンを走り終えてケロッとしている。なんてタフな女性なんだろう!

バンクーバー五輪の女子フィギュアスケート浅田真央さんが銀メダルを獲ったとき、解説の太田由希奈さんが「銀盤の女王は銀メダル」と言っていた。それなら十八銀行に務めている野上選手は、「銀行員ランナーは銀メダル」。まあ金メダルのチェリモ選手は、ケニアからの帰化ランナーでアフリカ人のようなものだから、実質的には「アジアNo.1」と言ってもいいだろう。

ついさきほど、女子マラソンの表彰式が行われていたのだが、野上選手は重圧から解き放たれた様子で、笑顔笑顔笑顔だった。全力を尽くして頑張った人の顔は、本当に美しい。これから応援したいランナーが、また一人増えた。

 

野上恵子選手から学んだこと

人生は何が幸いするかわからない。つらい経験も、時間が経てば大きな財産になる。

 

【三木二郎】日本女子競泳界のエース・池江璃花子選手のコーチに就任

f:id:skipp-beat:20180822192818j:plain

※ 写真は「スポーツナビ」より

2018年8月18日に開幕した「ジャカルタアジア大会」で、日本女子競泳界のエース・池江璃花子選手が、(この記事を書いている時点で)4冠を達成!まだあと3種目に出場する予定で、さらなるメダル量産が期待されている。

今や押しも押されもせぬ「日本女子競泳界のエース」に成長した彼女だが、今年5月からコーチを変更。個人メドレーシドニーアテネの2大会連続で五輪に出場した三木二郎さんの下で練習を積んでいる。

三木さんはシドニーのときはまだ高校生で、ずいぶん可愛らしい顔つきだった記憶があるのだが、08年に引退し、その後16年から2年間、イギリスに指導者留学。このたび、池江選手サイドからのオファーを受け入れた。

「無名の選手を一から育てて結果を残す」というのは、指導者の醍醐味の一つだろう。石ころを磨いてダイヤモンドにする。星野仙一さん風にいうと、「◯◯はわしが育てた」。しかし、すでに実績のある選手の力を伸ばせなければ、「あの指導者のせいで潰された」と周囲に批判されることになる。

自分が「三木二郎氏が新コーチに就任」というニュースを聞いたとき、真っ先に思ったのは「よく引き受けたなぁ」ということだった。池江選手はまだ18歳だけど、すでに五輪出場経験があって、短長水路で合計21個の日本記録を持っている”日本の至宝”。東京五輪を2年後に控えるこのタイミングで、新しくコーチになる人の責任は計り知れない。

三木さんがすごいのは、多少のプレッシャーがあることは認めつつも、「こんなチャンスはない」と捉えていることだ。「私も選手時代はプレッシャーが好きだった。そのプレッシャーを跳ね返すやりがいもある」

何事も事実は一つで、捉え方は人の数だけある。「池江選手のコーチになる」という事実を、「プレッシャー」と思うか「チャンス」と思うか。三木さんは後者。プレッシャー云々よりも、「とにかく与えられたチャンスを生かしたい」。東京五輪パラリンピックの開閉会式を演出する”総合統括”を引き受けた野村萬斎さんも、きっと同じ考え方だろう。

今シーズンの池江選手は、8月上旬に行われた「パン・パシフィック選手権」の100メートルバタフライで、主要国際大会初の金メダルを獲得。そして、現在はアジア大会で「MVP級」の活躍中だ。コーチを変えて初めての大舞台で結果が出て、三木さんも安堵しているに違いない。

インタビューの受け答えも落ち着いていて、大人っぽくて、腕が長くて、スタイルも良くて、SNSの使い方も上手。これだけ揃っていて人気が出ないわけがない。2020年の夏、表彰台の一番高いところで”美人スイマー”の笑顔が見れると嬉しい!

三木二郎さんから学んだこと

事実は一つ、解釈は無限。

 

【吉田麻也】オールナイトニッポンのパーソナリティに初挑戦!

f:id:skipp-beat:20180814205628j:plain

※ 写真は「オールナイトニッポン」公式HPより

自分はオールナイトニッポンのヘビーリスナーで、木曜日の岡村隆史さんと、土曜日のオードリーは毎週欠かさず聞いている(radikoのタイムフリー機能にはどれだけ感謝してもしきれない)。

先週、8月9日は岡村さんが夏休みということでガッカリしていたのだけど、ピンチヒッターで登場したサッカー日本代表吉田麻也選手(サウサンプトンFC)のトークがすごく面白かったのだ!以前から文才があることは知っていたけど、まさかこんなにしゃべりも上手だったとは!

のっけから自分の名前を「吉田松陰の”吉田”、植物のアサの”麻”、亀梨和也さんの”也”です」と説明。他にも、「身長189センチ、試合前の国歌斉唱で一人だけ飛び抜けている選手が僕です。ちょっと顔長いなーっていうのが僕です」など、笑いとシリアスの塩梅が絶妙!この時点で、楽しい2時間になるような予感がしたし、実際そのとおりになった。

番組中には、ハリルホジッチさんの解任について、W杯ポーランド戦でのボール回しについてなど、リスナーからの際どい質問も。でもはぐらかすことなく、自分の気持ちを正直に話していて、とても好感が持てた。解説者の人たちのどんな言葉よりも、実際にあそこで戦っていた当事者のコメントは重みがあるし、きっと真実なんだろう。

そして、個人的に最も印象に残ったのは、「ネイマール選手の痛がり方についてどう思うか?」と聞かれたときの回答である。

「Too much。なんであんなに回転するのかなって。倒されても、普通は多くてもコロコロコロで3回でしょ。それを5、6回やるからね。僕らとしてもちょっと笑っちゃう」

世の中の物事で、自分にあまり馴染みのない世界の「相場を知る」ことは大事だと思う。例えば、都会に住んでいると地方の家賃の相場はわからないし、大人になった今となっては子供の習い事の月謝の相場もよくわからない。「○○○円になります」と言われても、それが高いか安いかどうかの判断ができない。

自分はサッカーにあまり詳しくないので、たしかにW杯のネイマール選手を見ていて「よく回転するなぁ」とは思っていたけれど、それが「回りすぎ」なのか「許容範囲」なのかがわからなかった。でもこの日、吉田選手から「倒れるのはコロコロコロで3回までが普通」とサッカー界の“相場”を教わったので、自分の中で確固たる判断軸ができた。ということで結論 → ネイマールは回りすぎ!!!

吉田麻也選手から学んだこと

相場を知ることが大事。サッカーで倒れて回転するのは3回までが普通。