人生で大切なことはすべてアスリートから学んだ

一流になれなかった元アスリートのブログ。憧れの存在であるトップアスリートの「思考・行動パターン」を真似したくて日々奮闘中。

【藤田修平】98年夏の甲子園、サヨナラボークで敗退した宇部商業の投手は今

f:id:skipp-beat:20180523192711j:plain

※ 写真は「スポルティーバ」より

エース・松坂大輔を擁する横浜高校春夏連覇を成し遂げた、98年夏の甲子園。準々決勝、PL学園との延長17回の死闘は高校野球史に残る名勝負となったが、個人的にこれと同じくらい印象に残っている延長戦が一つある。

2回戦の宇部商業(山口)vs 豊田大谷(愛知)。2-2で迎えた延長15回、無死満塁のピンチで宇部商の2年生エース・藤田修平さんがサヨナラボークをとられた試合である。

少年のようなあどけない表情&華奢な体躯のサウスポーが、「何が起こったのかわからない」というようなかんじで、マウンドで呆然と立ち尽くしている姿が今も忘れられない。

その藤田さんの近況が、本日5月23日付のスポーツニッポンに掲載されていた。宇部商業を卒業後は福岡大に進学したが、4年秋を前に中退し、軟式野球部があった彦島製錬に入社。現在は実家の内装業に従事しているとのこと。現在36歳で、家族は妻と子供3人。変わらぬ細身の近影からは、当時の面影を感じることができた。

記事によると、あのボークの後、全国各地から300通を超える励ましの手紙が届いたそうだ。「感動を与えるために野球をやっていたわけではない。一生懸命やった姿でそう思ってもらえたのがうれしかった」

感動の押し売り(=マーケットイン)を狙って試合に臨んだわけではなく、本人いわく「松坂世代が活躍する中でちんちくりんの僕」が、”いまの精一杯”のプレー(=プロダクトアウト)をしていたところ、観客が深く感動してくれた。世間の人の心を動かした。高校球児としては悲劇的な幕切れだったけど、一人の人間としては本望だったのではないだろうか。

藤田さんは現在、小5の長男が所属する軟式野球チームの手伝いをすることで野球に関わっている。あんな形で甲子園を去って、野球を嫌いになってもおかしくなかったのに、やっぱり野球が大好きなのだろう。

宇部商業の指導者のサポートもよかったのだと思う。あのボークは高2の出来事だったが、全国から届いた大量の励ましの手紙はその翌年、高3の夏にすべての大会を終えてから渡されたそうだ。先生方が「すぐに渡したら調子に乗るだろう」と判断したため、このような形になったらしい。

甲子園で負けたことを罵倒せず、かといって過保護にもせず、生徒の人間性を育むにはどうしたらいいか、長い目で考えてくれる教育者が近くにいて本当によかった。昨日、アメフトの宮川泰介選手(日大)から「好きだったアメフトが好きじゃなくなった」というあまりにも悲しいコメントを聞いたあとだけに、余計にそう思った。

 

藤田修平さんから学んだこと

自分の身の丈で一生懸命頑張る姿は、人に感動を与えるもの。

 

【桃田賢斗】違法賭博問題から2年、日本のエースがツイッターを再開!

f:id:skipp-beat:20180520192651j:plain

※ 写真は「ヨネックスのホームページ」より

バドミントンの桃田賢斗選手(NTT東日本)が、約2年ぶりにツイッターを再開!

「お久しぶりです。トマス杯ユーバー杯のためタイに来ました!2度目の優勝に向けてチーム一丸となって頑張ります!!応援よろしくお願いします^_^」という大会の告知を兼ねたシンプルな文章だったけど、現時点で5000を超える「いいね!」がついている。バドミントンファンは、日本のエースが戻ってくることをずっと待っていたのだ!

2016年に違法賭博問題が発覚し、田児賢一選手とともに臨んだ記者会見での沈んだ暗い表情がずっと頭に残っていたので、笑顔の写真付きの投稿はたまらなく嬉しい。失ったものは大きかったと思うけど、彼はまだ23歳。オセロをひっくり返すべく、東京五輪で活躍してほしい。

高校を卒業して、大学を経ずにいきなり実業団入りするアスリートは、競技の実力は突出していても、精神的にはまだまだ未熟な部分がある。桃田選手が違法カジノ店へに出入りしてしまったのも、チームの先輩である田児選手に誘われたからである。体育会特有の上下関係に流されてしまったり、社会のルールを知らないことで誤った行動をしてしまう若い選手には、周りの大人のフォローが絶対に必要なのだ。

5月17日、東京・台東区の80歳の女性から現金をだまし取ろうとしたとして、20歳の女が現行犯逮捕されたというニュースがあった。一見、よくあるような事件なのだが、この犯人の女性が陸上のエリートランナーだった島田美穂さんだと聞いて、自分は今、とてもショックを受けている。

世間的には無名な存在かもしれないのだけど、高校陸上界では「知らない人はいない」と言っていいほどのスター選手だった。山梨学院大学付属高校3年時には、国体の3000メートルを9分01秒87で走って優勝している。あの高橋尚子さんの高校時代の自己ベストは10分15秒だから、金メダリストよりも1分以上速かったのだ。

高校卒業後は実業団の豊田自動織機に進んだが、16年のクイーンズ駅伝で痛恨のタスキの受け取りミス。チームが失格になってしまい、その後、パッタリと消えてしまったので、どうしているのだろうかと密かにずっと気になっていた。久しぶりに名前を聞いたのが逮捕のニュースとは・・・。

彼女はまだ20歳。豊田自動織機を辞めたあとは、風俗で働き、今回、詐欺の受け子がバレて逮捕。短期間でのあまりの変わりように、こちらの思考が追いつかない。ユーチューブに高校時代の映像が残っているけど、本当に才能がある”超高校級”のランナーだったのに。

いわゆる「スポーツバカ」というのは、「そのスポーツのことしか知らない」という意味で使われることが多いけど、「そのスポーツのためにバカじゃないかと思えるほどの努力ができる」ということでもあると思う。

島田さんは陸上のことしか知らなかったかもしれないけど、陸上のためにバカじゃないかと思えるほど努力をしてきた人でもあったはず。悪い道に行きそうになったときに、周りにフォローしてくれる人がいなかったのが残念でならない。

桃田選手は所属のNTT東日本のケアやサポートもあって、4月のアジア選手権のシングルスで優勝するまでに復活。本日、5月20日に開幕した「国別対抗戦トマス杯」でも日本のエースとして活躍が期待されている。若くして躓いても、また立ち上がって、前を向いて戦うアスリートの生き様を、しかと見届けたい。

 

桃田賢斗選手から学んだこと

精神的に未熟な高卒選手には、周囲のサポートが必要不可欠。

 

【本田圭佑】「プロフェッショナルとは、ケイスケホンダ」が大反響

f:id:skipp-beat:20180519151524j:plain

※ 写真は「ORICON NEWS」より

5月14日(月)に放送された、本田圭佑選手の『プロフェッショナル仕事の流儀』。「出身地はもはやもうアース、地球出身」「プロフェッショナルとは?ケイスケホンダ」など、良くも悪くも”本田節”が盛りだくさんの1時間だったように思う。

個人的に、スポーツ選手のドキュメントを見るときは、番組内での発言を自分の価値観と重ね合わせて、「これは正しいな」とか「この部分はわかるかも」などと確認しながら見ることが多い。今回でいうと、

「ハリルのやるサッカーに全てを服従して選ばれていく、そのことの方が僕は恥ずかしいと思っている。自分を貫いた自分に誇りを持っている」

というコメントには正直、賛同できなかった。理由は単純で、サッカーは個人競技ではないからである。反対に、すごく共感できると思ったのは、

「ケガしたくなかったら、練習しないのが一番です。当たり前の話ですけど。でも練習しないと能力向上しない。だから、ギリギリまで追い込んで、かつケガしないっていうところを見つけていく」

自分は市民ランナーなのだけど、ゴールデンウィークに走りすぎて少し足が痛くなってしまったのだ(涙)。連休中、いつもよりも走る時間がたくさんとれたので、調子に乗ってガンガン走ったらこれである。「ギリギリまで追い込んで、かつケガをしない」というラインの見極めを誤ってしまったがために、しばしの休足を強いられた。だから、この発言は気持ちがすごくよくわかる。

要するに、何事もバランスが大事なのだ。スピードスケートの高木美帆選手も、理想の体重を聞かれて、「適正体重は違うので、自分にとってどの状態がベストなのかをしっかり見極めることが大事だと思います。パワーがなくてはいけないし、キレのある動きもできなくてはいけない。そのバランスが難しい」と語っていた。

アスリートは、競技の結果で生き方を体現しなければならない。そのためには自分の体をよく知ることが必要不可欠で、日々試行錯誤を重ねながら、「ちょうどいい練習量」や「ちょうどいい体重」を見つけているのだと思う。

そして、この絶妙なバランス地点をキープし続ける人が、やがて「ケイスケホンダ」(=プロフェッショナル)と呼ばれるようになる。市民ランナーの自分も、見習わなくては!

 

本田圭佑選手から学んだこと

ギリギリまで追い込んで、かつケガしないラインを見つける。

【内川聖一】2000本安打が清宮選手の初ホームランと重なってしまった、遅咲きの努力家

f:id:skipp-beat:20180513214404j:plain

※ 写真は「デイリースポーツ」より

5月9日にプロ野球史上51人目の2000本安打を達成した、ソフトバンク内川聖一選手。この記念すべき日が、なんと日本ハムのスーパールーキー・清宮幸太郎選手のプロ入り初ホームランと重なってしまった!

でも、プロ野球でホームランを1本打っている選手なんてたくさんいるわけで、名球会入りとどっちが価値があるかなんて、改めて言うまでもない。翌日のスポーツ紙の一面は当然、「内川2000本安打達成」の一色かと思いきや・・・

スポーツニッポン →「清宮」 
日刊スポーツ →「清宮」
スポーツ報知 →「清宮」 
サンケイスポーツ →「清宮」
東京中日スポーツ →「吉見」 
デイリースポーツ →「メッセンジャー

 
東京都内のスポーツ紙では、なんと内川一面はゼロ!トーチュウはドラゴンズのお抱え紙だし、デイリーは常にぶれないのがいいところでもあるからまあよしとして、あとの4紙には本当にガッカリだ。これが「営業判断」というやつなのだろうか。

入団8年目でようやくレギュラーに定着した”遅咲きの努力家”が、18年かけて成し遂げた快挙なのに。この日ぐらい、一面は内川選手にして欲しかった。心から残念でならない。

「あの時の悔しい気持ちを思い出した。ちょっと初心に帰れた」

内川選手は高校時代、甲子園には出場していない。大分工業高校で監督を務める父・和博さんと親子鷹で甲子園を目指したが、3年夏は県大会決勝で敗退。上記の言葉は、当時の「準優勝のメダル」を久しぶりに見たときのコメントである。

目前で夢が破れた悔しい思いをバネにして、ここまで頑張ってきたのだ。スポーツを観戦している人は、どこか自分自身を選手に重ねて見ているところがあると思う。インターハイに行けなかったり、大学に落ちて浪人したり、同じように若いときに挫折を経験した人は、内川選手の野球人生と自分の人生を重ねて、今回の快挙を喜んでいる人が多いのではないだろうか。

と、ここまで書いていて、ふと小松大谷高校ナインのことを思い出した。2014年石川県大会決勝、8-0でリードして迎えた9回裏に、星稜に9点を取られて8-9でサヨナラ負け。ほぼ手中に収めていた甲子園の切符を逃してしまった。あのときの3年生は、今どうしているだろう。

内川選手のように、いつかこのときの準優勝メダルを眺めて、「甲子園には行けなかったけど、あの悔しさがあったから◯◯できた」と言えるような人生を歩めますように。 


内川聖一選手から学んだこと

若いときの挫折は、人生の宝物になる。

【イチロー】シアトル・マリナーズの「会長付特別補佐」に就任

f:id:skipp-beat:20180508211047j:plain

※ 写真は「goo ニュース」より

先日、シアトル・マリナーズの会長付特別補佐に就任したイチロー選手。その記者会見の「一問一答」を全文読んだのだけど、個人的にとても印象に残った受け答えがあった。

ー 昨日の最後の打席(空振り三振)では何を意識していたか?

「良い結果のイメージをするし、それができたら最高だよなって思うけど、なかなかそうはいかない、という現実もあったという打席でしたね」


このコメントを見て、以前に読んだ久恒啓一さんの『残業はするな、「前業」をせよ!』という本の中に書いてあった、「希望は3割叶えば十分。イチローでも4割は打てない」というフレーズを思い出したのである。

イチロー選手のメジャーリーグでの通算打率 .311はすごい数字だけど、それでも10回やって3回成功するかどうかというところ。日米通算4000本安打を達成したときも、「8000回以上は(打てなくて)悔しい思いをしてきた」と言っていた。

私たちは普段、少しでもうまくいかないことがあると、「もうダメだ」「自分には才能がない」などと思い詰めてしまいがちだけど、本来1回やって1回失敗したくらいで悲観していてはいけないのだ。「論ずるにも値しない」という言葉があるけれど、その時点ではまだ「悲観するにも値しない」。

”百発百中”なんて、よほどの天才でない限りは不可能。レジェンドのイチロー選手だって、今シーズン最終打席でヒットを打ちたかったのに、結果は空振り三振。そんなものなのだ。だから凡人の自分は高望みしないで、とりあえず数をこなすことが大事。

イチローだって4割は打てないんだからー。しばらくはこの言葉を心の支えに、大量行動をしてみようと思う。

P.Sー。2009年3月7日、第2回WBC1次ラウンド@東京ドーム、自分はこの日、人生で初めてイチロー選手のプレーを生で見た。

試合前の練習で目の前に出てきたときは、「あー、イチローっていう人は本当にこの世に存在するんだ」と何だか信じられない気持ち。打席に立ったときのカメラのフラッシュの数、「(せーの)イチロ~~~~~!!!」 のかけ声の大きさ、どちらもハンパなかった記憶がある。

来年3月20、21日のマリナーズの日本開幕戦。多少高騰したとしても、このチケットは絶対に取りたい!!


イチロー選手から学んだこと

希望は3割叶えば十分。イチローだって4割は打てない。

 

【石川佳純、菊池彩花】準決勝で安堵の涙を流したアスリート

f:id:skipp-beat:20180507211338j:plain

※ 写真は「朝日新聞デジタル」より

先日の世界卓球女子団体準決勝で、急きょ結成された韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」を3-0で倒した日本。これぞまさに「スカッとジャパン」という結果だったが、勝利が決まった瞬間に、涙腺が崩壊していたのがエースの石川佳純選手である。

「うれしくて泣いているわけじゃない。動揺やプレッシャーもあった。いろんなハプニングをみんなで乗り越えることができて、ホッとした」

涙の意味は「安堵」。日本は世界卓球で、過去2大会連続銀メダル。決勝進出を決めて、嬉しくて泣くようなレベルの国ではない。直前によくわからない合同チームとの対戦が決まり、キム・ソンイ選手にはエッジボールを3回も食らって、それでも気持ちを切らさずに、キャプテンとして自分の役目をきちんと果たせたという安堵感。

これと同じような種類の涙を平昌五輪で流していたのが、スピードスケートの菊池彩花選手である。 

f:id:skipp-beat:20180507211511j:plain

※ 写真は「時事ドットコム」より

パシュートの準決勝を、無事に滑り終えた後に、菊池選手が流していた涙の意味も「安堵」だったと思う。先日、放送された『A-studio』で、「準決勝」の位置付けについて、本人が次のように話していた。

「(準決勝は)絶対に勝たなきゃいけないんですけど、決勝でもっといい滑りをしなきゃいけないっていう。だから2人(高木姉妹)にできるだけ足を溜めてもらって、だけどある程度のスピードでは滑らなきゃいけない」

決勝はこれで終わりだから全力を出し尽くせばいいけど、準決勝はまだ次があるので、ある程度は足を溜めておかないといけない。でもペースを落としすぎて負けたらシャレにならない。つまり、絶妙なペース配分が求められる上に、絶対にミスが許されないという”極限のプレッシャー”がかかったレースだったのだ。

その山場を無事に滑り終えて、自分のやるべきことはすべてやった、役目を果たしたという安堵感。石川選手の涙と似たようなニュアンスを感じる。

大会でアスリートが流す涙は、「勝ったときの嬉し涙」か「負けたときの悔し涙」のどちらかであることが多い。でも、「安堵の涙」というのもあるのだ。嬉しいわけでもなく、悲しいわけでもなく、ただただホッとした。まだまだ泣くようなところじゃないのに、張り詰めていた気持ちがふと緩んで、思わずこぼれ落ちた戦士の涙は、とても美しい!


石川佳純選手&菊池彩花さんから学んだこと

アスリートが流す3種類の涙=①嬉し涙、②悔し涙、③安堵の涙 。

 

【神野大地】「山の神」がコニカミノルタを退社して、プロランナーに転向

f:id:skipp-beat:20180430214302j:plain

※ 写真は「スポルティーバ」より

<陸上>神野大地が退社、プロ転向「東京五輪ラソン挑戦」(4/26 毎日新聞より)

実業団陸上のコニカミノルタは26日、神野大地(24)が4月30日付で退社すると発表した。2020年東京五輪を目指し、プロに転向する意向という。神野は「恵まれた環境から離れることは大きな決断だったが、東京五輪にマラソンで出場する目標達成のため、チャレンジしてみたいと思った」とコメントした。
 神野は青学大在学中、箱根駅伝の山上り5区で活躍して「3代目・山の神」と呼ばれた。16年にコニカミノルタ入社後は全日本実業団対抗駅伝ニューイヤー駅伝)で1年目からエース区間の4区を走るなど活躍した。マラソンの自己ベストは、今年2月の東京マラソンの2時間10分18秒。


先日のボストンマラソンで優勝した川内優輝選手(埼玉県庁)に続いて、神野大地選手(コニカミノルタ)もプロ転向を表明!安定した環境を捨てて、すべて自分の責任でチャレンジしたいとのこと。2年後に迫った東京五輪の切符を獲るために、自ら”イバラの道”を選んだ形となった。

この発表直前に発売された『ランニングマガジンクリール』2018年6月号に、神野選手と中野ジェームズ修一さんの対談が載っていたのだけど、その中で本人が繰り返し語っていたのが「自分には才能がない」ということだ。

「もともと僕は、才能で勝ち上がってきたというよりは、人よりも練習して、努力して・・・と今までやってきました」
「みんなと同じ練習では、人よりも才能がない分、みんなと同じレベルにも到達できないし、良い結果は出せない」
「僕はもともと走りのバランスが良くなかったし、体幹も強い方ではありませんでした」
「フィジカルトレーニングなしでは、上には行けない」
「自分は一歩一歩を積み重ねていく選手だと思うんです」


エリートランナーでよく聞くのは、「昔から足が速かった」「学校のマラソン大会は毎年優勝」「助っ人で出た駅伝で区間賞」というようなパターンである。でも、神野選手は中京大中京高校に入学した当時の3000メートルの自己ベストは10分台。同級生の清田真央選手(スズキ浜松AC)の方がタイムが速かったらしい。

清田選手は、中学時代から愛知県内でトップレベルだったので”普通の女の子”ではないけれど、それでも陸上の長距離で男子が女子に負けるのはショックだと思う。「3代目・山の神」と呼ばれた山登りのスピードは、決して生まれ持った(先天的な)ものではなく、努力によって手に入れた(後天的な)ものだということがよくわかる。

クリールの記事を読んでいて、ふと頭に浮かんできたのが、スピードスケートの長島圭一郎選手の言葉である。バンクーバー五輪スピードスケート男子500メートルで銀メダルを獲得した彼は、15年に一度引退したが、平昌五輪を目指して現役復帰。そのときの記者会見で次のように言っていたのだ。

「子どものころから金(メダル)を取れると思っていて、銀(メダル)しか取れなかった。自分に才能がなかったという気持ちを確認することはつらいことだったが、(才能が)ないならないなりに、またチャレンジしたいと思った」。

自分に才能がないことはよくわかっている。それでも夢を諦められないから、一流企業(日本電産サンキョー)の安定した立場を捨てて、フリーになってでも平昌五輪に挑戦したい。このときの長島選手の思いの強さ、今の神野選手から似たようなものを感じずにはいられない。

自分に才能がないことや、自分ができないことを理解したうえで、結果を出すにはどうすればいいかを考えて行動する選手は本当に魅力的だと思う。川内優輝選手といい、これから応援したいプロランナーがまた一人増えた。

 

神野大地選手から学んだこと

自分に才能がないことを理解したうえで、結果を出すためのベストな方法を考える。